文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介総合デザイン工学科 ≫ 井口 幹夫(いぐち みきお,Mikio Iguchi, Ed.D.)
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科

井口 幹夫(いぐち みきお,Mikio Iguchi, Ed.D.)

Mikio_Iguchi.jpg工学部/総合デザイン工学科  講師
大学院工学研究科/研究科共通

専門分野

応用言語学 英語教育(ELT / TESOL) 異文化コミュニケーション 第二言語習得(SLA) 質的研究

担当授業科目

英語B (CALL) 英語C (TOEIC) 英語E (Presentation)
大学院./プレゼンテーション演習 (Poster / Oral Presentation)

私のプロフィール

海外4カ国(アメリカ、ドミニカ共和国、ニュージーランド、イギリス)に13年間に渡り住んだ日英バイリンガルの帰国子女です。言語と文化を教育と研究のライフワークにしたいと 願っております。また、外資系企業等でITコンサルタントとソフトウェア・テスティング・ エンジニアとしての勤務経験があるので、培った経験等を学生に伝えることに関心があります。 学生時代には体育会サッカー部にいたので、サッカーが大好きです。

最終学歴 The University of Warwick
(英国ウォーリック大学大学院応用言語学博士課程修了)
学 位 Doctor of Education (Ed.D.) in Applied Linguistics and English Language Teaching (教育学博士:応用言語学及び英語教育)
所属学会

British Association for Applied Linguistics (BAAL); International Association of Applied Linguistics (AILA); 大学英語教育学会(JACET); 全国語学教育学会(JALT); 日本質的心理学会; 異文化コミュニケーション学会 (SIETAR Japan); 異文化教育研究所(JII)

連絡先

E-Mail iguchim[at]maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

人が第二言語(L2)を学習したり、文化の異なる人とインターアクションを試みたりする時に発生する異文化適応(cultural adaptation)、文化変容(acculturation)、アイデンティティ(identity)、第二言語学習動機(L2 motivation)、統合的動機(integrative motivation)などといった心理的な領域

キーワード

異文化適応 文化変容 アイデンティティ 学習動機 CALL

現在取り組んでいる研究内容

応用言語学と異文化コミュニケーションの研究をしております。英国ロンドン大学修士課程在籍時に、第二言語学習者の心理と第二言語習得に興味を持ち、学習動機をテーマに研究しました。マズローの欲求段階説をベースにし、学習者が目標言語の話者のコミュニティに入ってみたいという統合的動機、そして自らの意志で学びたいという内発的動機(intrinsic motivation)をいかに高められるかを論じました。
その後、英国ウォーリック大学博士課程に入り、在英日本人が英語話者のコミュニティに対して社会的・心理的に統合(integrate)したいという思いを抱いているかを探求することにしました。研究領域としては第二言語習得と異文化コミュニケーションという学会で分断されている両分野を統合しました。第二言語習得の指導は主にDr. Ema Ushioda、異文化コミュニケーションについては主にProf. Helen Spencer-Oateyに指導を受けて研究しました。
異なる文化背景を持つ人々のインターアクションを研究することに喜びを覚えます。昨今の論文は貢献(contribution)が問われます。今後は自分の研究を高めるために「周りから何が得られるか」ではなく、「周りの人々に何が与えられるか」を自問自答しながら研究を進めたいと思います。

主な研究業績

論文

1. Iguchi, M. (2016a). CALL and task based language teaching through WebQuest: Challenges and opportunities. Bulletin of Maebashi Institute of Technology, 19, 11-21.

2. Iguchi, M. (2016b). Temptation vs conscience: A remedial action for narrative researchers. In G. Brooks, M. Porter, D. Fujimoto, & D. Tatsuki (Eds.), The 2015 PanSIG Journal (pp. 71-77). Tokyo, Japan: The Japan Association for Language Teaching (JALT). Retrievable from http://pansig.org/publications/2015/2015pansigjournal.pdf

3. Iguchi, M. & Yoffe, L. (Eds.). (2016). JACET Summer Seminar Proceedings No. 14. Mobile learning in and out of the classroom: Balancing blended language learner training. Tokyo, Japan: The Japan Association of College English Teachers (JACET).

4. 4. Iguchi, M. (2014a). Motivating English language learners to communicate: A sociocultural approach. Tokiwa International Studies Review, 18, 67-89. Retrievable from http://www.tokiwa.ac.jp/tokiwa/publication/international/pdf/kokusai18_2014.pdf

5. Iguchi, M. (2014b). Integrative motivation and social integration: What they meant for the Japanese women living in Britain. In L. Yoffe & H. Obari (Eds.), JACET Summer Seminar Proceedings No. 12. Motivation and autonomy: Research and methodological perspectives in language learning (pp. 37-41). Tokyo, Japan: The Japan Association of College English Teachers (JACET).

6. Iguchi, M. (2011a). Integration, identity and beyond: A narrative case study of two Japanese women living in Britain (Doctoral thesis, The University of Warwick, Coventry, UK). Retrievable from http://wrap.warwick.ac.uk/55925/

7. Iguchi, M. (2011b). Motivation revisited: When in Britain, do as the Britons do? In T. Pattison (Ed.), IATEFL 2010 Harrogate Conference Selections (pp. 26-27). Canterbury, UK: International Association of Teachers of English as a Foreign Language (IATEFL).

8. Iguchi, M. (1999). Motivation: A Key to Success in Second Language Learning (Master's dissertation, School of Oriental and African Studies (SOAS), University of London, UK).

学会発表

1. Iguchi, M. (2015a). 'Narratives of two Japanese women in the UK: A quest for empathy'. 2015 SIETAR Japan Annual Conference. J.F. Oberlin University, Tokyo, Japan.

2. Iguchi, M. (2015b). 'Alienation and a quest for empathy: Narratives'. JALT Pan SIG 2015 Conference. Kobe City University of Foreign Studies, Kobe, Japan.

3. Iguchi, M. (2014). 'The Ambivalence of Cultural-ethnic Identity: Two Japanese Women in Britain'. 2014 SIETAR Japan Annual Conference. Sophia University, Tokyo, Japan.

4. Iguchi, M. (2013a). 'Vulnerability and Security of Cultural-ethnic Identity: A Sense of Belonging of Two Japanese Women in Britain'. JALT Gunma Chapter: The 24th Annual Workshop. Kusatsu, Japan.

5. Iguchi, M. (2013b). 'Integrative Motivation and Social Integration: What They Meant for the Japanese Women Living in Britain'. The 40th JACET Summer Seminar. Kusatsu, Japan.

6. Iguchi, M. (2010). 'Motivation revisited: when in Britain do as the Britons do?'. 44th Annual International IATEFL Conference and Exhibition. Harrogate, UK.

7. Iguchi, M. (2009a). 'A qualitative study of integrativeness among Japanese ESL learners in the British context'. 42nd Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics (BAAL). Newcastle, UK.

8. Iguchi, M. (2009b). 'Psychological factors affecting the use of English as a second language: A qualitative study of motivation and identity among Japanese in the British context'. The 4th Lancaster University Postgraduate Conference in Linguistics and Language Teaching. Lancaster University, Lancaster, UK.

9. Iguchi, M. (2009c). 'A qualitative study of motivation and identity among Japanese in the British context'. 12th Warwick Postgraduate Conference in Applied Linguistics. The University of Warwick, Coventry, UK.

10. Iguchi, M. (2008). 'Japanese university learners' acculturation attitude, identity formation and their target language use during the study-abroad programme in U.K.'. 11th Warwick Postgraduate Conference in Applied Linguistics. The University of Warwick, Coventry, UK.

その他

ウェブサイト'Off to London!' (WebQuest を用いた英語学習ウェブサイト) (2008).
http://hwm2.wh.qit.ne.jp/mickey73wwjd/elt/webquest/