文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介総合デザイン工学科 ≫ 原島 秀人(はらしま ひでと)
Department of Integrated Design Engineering 総合デザイン工学科

原島 秀人(はらしま ひでと)

h-harashima.jpg

工学部/総合デザイン工学科  教授
大学院工学研究科/研究科共通

専門分野

語学教育工学・応用言語学

担当授業科目

英語B 英語C 言語学
大学院/学術英語特論

私のプロフィール

インターネットを使って外国語を如何に楽しく学べるかを考えています.性格は優しく気さくですが、授業は厳しい。音楽を聴くよりプレイする方が好き.ゴルフもたしなみます。

最終学歴 マコーレー大学大学院応用言語学博士課程中退
学 位 言語学修士
所属学会

全国語学教育学会 日本音声学会 教育工学会 大学英語教育学会 日本ムードル協会(会長)

連絡先

E-Mail hideto@maebashi-it.ac.jp
ホームページ http://harahara.net/
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

Moodleを使用した語学イーラーニング
TTSによるリスニング教材の作成
オンラインによる英語作文・音声指導,英会話訓練

キーワード

e-ラーニング、ムードル、音声学、外国語教育、教育工学、教員養成

現在取り組んでいる研究内容

昨今のインターネット技術の急速な進歩と普及により、今までは考えられなかった様な学習とコミュニケーションのスタイルが生まれつつある。
まず学習の形態については、今までは「教育機関」という「場所」に「足を運んで」授業を受けるという形態が主流であった。テレビやラジオの講座も在ることは在ったが、一方的な情報の垂れ流しの観は否めなかった。しかし、インターネット上に情報サーバやインターアクティブ型のマルチメディアデータベースを構築することで、学習者がクライアントブラウザー経由でそれらのサーバにアクセスすることにより、いつでもどこでも学習が行なえる、すなわち、eラーニングの環境が整いつつある。
またコミュニケーションの形態にしても、従来の手紙や電話は時間や距離の制約を大きく受けていたが電子メールやオンラインチャットといったメディアは全く新しいコミュニケーションの可能性を私たちに与えてくれる。島国の日本の中にいながらにして、世界の人々と簡単に言葉のやり取りが出来る時代になったのである。この様なe-learningの語学学習への有効利用が主な研究の内容である。
具体的には「日本ムードル協会」の会長としてムードルを日本中に広める活動の傍ら、ムードル上でどのような活動やモジュール開発が語学教育にとって有益であるかを研究している。

主な研究業績

著書

1) Hideto D. Harashima and 75 others, Kevin Ryan: Recipes for Wired Teachers. Japan Association of Language Teaching Computer Assisted Language Learning Special Interest Group, (2000)

2) 原島 秀人 他12名.宮地 功: eラーニングからブレンディッドラーニングへ, 共立出版 (2009)

論文

1)H. D. Harashima: An Error Analysis of the Speech of an Experienced Japanese Learner of English, Maebashi Kyoai Gakuen College Ronsyu, No. 6, pp.37~58, (2006)

2) Hideto D. Harashima, Akinobu Kanda and Hideto Nakura: Moodle in CALL -- Focusing on Utilizing Modules. Proceedings of Japan E-learning Association 2009 International Symposium. Session V. pp. 1-5, Hosei University, Tokyo. March 13, (2009).

3)H.D. Harashima: Taxsonomy of Blended Learning. Proceedings of 2011 KAMALL International Conference: New Directions for Blended Learning in EFL, The Korea Association of Multimedia-Assisted Language Learning, Vol. 15, pp. 81-85.(2011).

4) 原島 秀人、佐藤慎一、神田明延、山内真理:Moodle Networking が可能にする学習活動.第27回日本教育工学会全国大会講演   論文集 pp. 567-568.(2011).

5)原島 秀人:Moodle 2.3 新機能検分. 2013年日本ムードル協会全国大会発表論文集,pp. 51-54. (2013).

6)原島 秀人、神田明延、山内真理,T. Rawson, 佐藤慎一、MnetとPoodLLを利用した大学間交流活動. 2014年日本ムードル協会全国大会発表論文集,pp. 58-62. (2014).