文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介社会環境工学科 ≫ 岡野 素之(おかの もとゆき)
Department of Civil and Environmental Engineering 社会環境工学科

岡野 素之(おかの もとゆき)

工学部/社会環境工学科 教授 伊勢丹撮影600.jpg
大学院工学研究科/建設工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 構造工学 耐震工学
担当授業科目

構造力学Ⅰ コンクリート工学Ⅱ 構造耐震工学 構造物設計論
構造工学特論(大学院)

私のプロフィール

静岡県生まれ。建設会社で土木構造物の設計・研究・開発に従事し論文等を多数発表。
設計では、下水道施設、仮設構造物およびシールドトンネルを担当。
研究では、高架橋上における新幹線の地震時脱線問題を扱い振動台実験で検証。
開発では、耐震補強分野で、炭素繊維、鋼製パネル組立、圧縮型ブレースを実用化、適用多数。                   
(公社)日本鉄筋継手協会会長。趣味はクラシック音楽鑑賞、中国古典、剣道(五段)。

最終学歴 東北大学 工学部 土木工学科卒業
学 位 博士(工学)
所属学会

土木学会 日本コンクリート工学会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

制震構造物、既存RC構造物の耐震補強、高強度繊維素材による補修・補強、コンクリートによる放射線の遮蔽、鉄筋の継手

キーワード

構造工学、耐震構造、複合構造、放射線遮蔽効果、継手

現在取り組んでいる研究内容

日本は世界有数の地震国であり土木構造物の耐震性は極めて重要である。これまで橋梁は一部で免震が実用化されているが一般に耐震構造で設計されてきた。現在の社会的要請であるコスト削減及び高性能化のためには橋梁の制震化が有望である。そこで、橋梁への制震構造に関して、デバイスの種類とその効果、適用への設計体系について研究を進める。また鋼・コンクリート複合構図の大型接合部の構造性能に関する研究も併せて実施する。また、プレキャストコンクリート部材のコストダウンを目指した新しい接合方法を提案し、実現に向けて構造実験やFEM解析でその力学的性状を研究する。

主な研究業績

著書

1) 岡野素之(委員),炭素繊維シートによる鉄道高架橋柱の耐震補強設計施工指針,鉄道総研(1996)

2) 岡野素之(委員),既存鉄道コンクリート高架橋柱等の耐震補強設計施工指針 鋼製パネル組立補強,鉄道総研(2006)

3) 岡野素之(委員),ダンパーブレースを用いた鉄道高架橋の設計指針,鉄道総研(2007)

4) 岡野素之(委員), 鉄筋定着・継手指針,土木学会(2007年版)

5) 岡野素之(委員),土木構造物共通示方書,土木学会(2016)

論文

1) 長縄卓夫,岡野素之,小松章,相京博幸:鋼製パネル組立てによるRC柱の耐震補強に関する研究,構造工学論文集Vol.52A,pp.521~528,(2006)

2) 喜多直之,吉田幸司,岡野素之,関雅樹:鉄道RCラーメン高架橋を対象とした圧縮型鋼製ダンパーブレース工法の実用化,土木学会論文集F ,Vol.63,No.3,pp.277~286,(2007)

3) 松本信之,涌井一,曽我部正道,岡野素之:鋼製ダンパーブレース付きRC鉄道高架橋の耐震性能評価に関する研究,土木学会論文集E ,Vol.65,No.2,pp.271~290,(2009)

4) 飯塚豊,岡野素之,森田俊哉,辻幸和:放射性焼却灰管理用鉄筋コンクリート製容器の基礎的研究,コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.475~480,(2013)

5) 飯塚豊,辻幸和,森田俊哉,岡野素之:異なる定着方法のカップラー接合具により垂直接合したRC部材の力学的性状(一社)セメント協会,セメント・コンクリート論文集Vo.68,pp.260-267,(2015)

6)飯塚豊,趙帥,岡野素之,森田俊哉:拘束型重ね継手の引張性能に関する実験的研究,コンクリート工学年次論文集Vol.38,pp.541~546,(2016)

共同研究

土木研究所「PC橋の緊張材への新素材の利用」(1994)、他5件

その他

(公社)日本鉄筋継手協会会長
特許件数:登録14件、公開8件
コンクリート工学優秀講演賞(1997) 
土木学会構造工学シンポジウム論文賞(1999、2003、2004)
第8回国土技術開発賞 国土交通大臣表彰(2006)