文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介社会環境工学科 ≫ 平川 隆一(ひらかわ りゅういち)
Department of Civil and Environmental Engineering 社会環境工学科

平川 隆一(ひらかわ りゅういち)

r-hirakawa.jpg

工学部/社会環境工学科 准教授
大学院工学研究科/建設工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 水工水理学 河川工学
担当授業科目

水文学 河川工学 測量学II 測量実習II 水・環境実験 

大学院/水文学特論 河川環境工学特論 流域環境論

私のプロフィール

子供の頃は、田舎での川遊びを楽しんでいました。
現在は、河川や流域で生じている現象の解明に取り組んでいます。
人々が遊びやすく親しみやすい川づくりに貢献することが目標です。

最終学歴 熊本大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了
学 位 博士(工学)
所属学会

土木学会 国際水圏環境工学会

連絡先

ホームページ http://www.maebashi-it.ac.jp/

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

洪水流の挙動や河床・河岸変動に関する研究

水辺の自然再生・環境整備を図るための水理学的評価に関する研究

キーワード

水理学、環境水理学、河川工学、水理、水文学

現在取り組んでいる研究内容

現在行っている研究は主に河川・湖沼の流れを対象としたものです。河川・湖沼では河道内構造物や植生の配置変化、潮汐による往復流に基づく流れの三次元構造が一般的に知られています。それらの詳細な情報は、河床変動予測手法の開発や乱流構造の解明にとって有用であると考え、室内実験、現地観測、数値シミュレーションを用いた研究を行ってきました。最近では、平野沿岸部の高潮シミュレーションや、冠水による避難経路問題に取り組んでいます。具体的なテーマは以下の通りです。

(1)水制工を有する流れ場と河床変動に関する研究
(2)植生帯を有する河道における洪水解析
(3)水辺の水環境に関する調査研究
(4)河口域の流動と物質輸送に関する調査研究
(5)ダム建設及び撤去による土砂動態に関する調査研究

主な研究業績

論文

1) 平川隆一,渡邊訓甫,小南考輝,北川の川坂砂州における地形変化と草本植生の相互作用について,土木学会論文集A2分冊(応用力学),Vol.15,pp.I_617-624,(2012)

2)大本照憲,平川隆一:感潮域複断面河道の流動機構と微細土砂動態の解明,河川技術論文集,Vol.19,pp.543-548,(2013)

3) Terunori Ohmoto,Ryuichi Hirakawa:INTERACTION BETWEEN STREAMBED SEDIMENT AND FLOW CONFIGURATION ON DOWNSTREAM OF ARASE DAM,10th ISE,(2014)

4)平川隆一,大本照憲,中島弘貴:半円形に配置された水制工周りの流れ構造に関する実験的研究,土木学会論文集B1(水工学),Vol.71,No.4,pp.I_661-I_666,(2015)

5) 恩田実之留,平川隆一:非接触型流速計測法の流速計測精度が受ける風の影響,土木学会論文集B1(水工学),Vol.72,No.4,pp.I_901-I_906,(2016)