文字サイズ + 標準
Department of Civil and Environmental Engineering 社会環境工学科

教員紹介

氏名
役職
専門分野
研究室HP
教授
土木工学 地盤工学
地盤材料研究室:土の液状化試験や石積み構造物に力を加えるシミュレーションを行い、社会の安心・安全へつながる基礎的研究に取り組んでいます。
教授
景観工学 空間計画                      景観研究室:都市並びに自然環境の美しさと楽しさを創り出すための技術的手法を景観工学及び人文社会科学の知見を織り交ぜて研究しています。
教授
構造工学 耐震工学                        構造工学研究室:鉄筋コンクリート構造を対象として、実験や解析により、破壊に至る基本的性能や地震にどのように抵抗するかを研究しています。
教授
水質工学 循環システム工学                   循環システム工学研究室:生産や生活などの過程で不要となった物質(元素)の循環利用やそのシステムの社会実装などについて研究しています。
教授
地域・交通計画                             地域・交通計画研究室:まちづくりや交通計画を立案するために、都市の成り立ちや人の行動・意識について調査し、都市の問題・課題を定量的に分析します。 HP
准教授
数値流体力学 水理学 水環境工学                 水理学研究室:水理研究室では水流の基礎現象である開水路ながれ、管路ながれ、波、渦、などを、様々な角度から観察、解析します。
准教授
建設材料学 コンクリート工学 維持管理工学          コンクリート研究室:コンクリート構造物の耐久性能向上に取り組んでいます。また、高強度高靱性コンクリートによる補強・制震部材を開発しています。
佐川 孝広
准教授

セメント化学 コンクリート工学                     建設材料化学研究室:コンクリート分野での環境負荷低減を志向し、各種混和材料を用いたセメント硬化体の水和反応と硬化特性に関する研究を行います。

准教授
土木工学 構造力学                          鋼・複合構造研究室:土木構造物のうち、鋼構造物、および、鋼とコンクリートでできた複合構造物について、様々な課題を取り扱っています。
准教授
水工水理学 河川工学                      水工学研究室:地表水や地下水を対象として、水の流動・物質移動・生態系への影響を解明し、人間活動とのバランスのとれた流域環境を研究します。
森 友宏
准教授
土木工学 地盤工学 防災工学                 防災地盤工学研究室:地震による地盤の液状化や建物倒壊、豪雨による斜面崩壊や土石流など、地盤や水が関係した災害を防ぐための研究を行っています。

建設材料化学研究室

lesson_civ01.jpg

重厚長大なコンクリートの性能は、実は珪酸カルシウム水和物(C-S-H ゲル)のナノ構造や組成といった、ミクロな世界で起きている化学反応に支配されています。当研究室では、各種分析機器を駆使し、セメント系材料の水和反応に立脚した硬化体の物性評価・予測を行うことで、低炭素化社会と高耐久インフラの実現に貢献する研究を行っています。

構造工学研究室

lesson_civ01.jpg

交通、上下水道、電力など人間の生活に欠かせない社会基盤は、橋梁、トンネル、ダムや防潮堤などによって支えられています。しかも日本は世界で最も地震が多く発生する国です。当研究室は、これらの土木構造物を対象として実験や解析を行って安全性を研究し、さらに耐震性の高い構造を提案し社外の共同研究などを通じて社会に貢献していきます。