受賞・成果の最近の記事

土木学会技術賞(Iグループ)とは,具体的なプロジェクトに関連して,土木技術の発展に顕著な貢献をなし,社会の発展に寄与したと認められる計画,設計,施工または維持管理等の画期的な個別技術を開発・実現した団体に贈られるものです。産官学の連携により,複合劣化に対応した高耐久RC床版の設計・施工方法を提案,実施し,橋梁の長寿命化に貢献したことが技術賞に値するものとして認められました。

(業績名) 東北地方における高耐久RC床版の施工

国土交通省東北地方整備局,(株)大林組,三井造船鉄構エンジニアリング(株),(株)IHIインフラ建設,(株)横河ブリッジ,東京大学,日本大学,横浜国立大学,前橋工科大学

sgw-jusho.jpg

http://www.jsce.or.jp/prize/prize_list/p2016.shtml#s02

平成28年3月14日、15日に東京都市大学世田谷キャンパスで開催された第43回土木学会関東支部技術研究発表会において、建設工学専攻大学院生の菅原思織さん(本学科の卒業生)の発表が優秀発表賞にえらばれました。

 論文題目:微生物膜剥離再生における有機高分子ゲル機能性の効果

著 者:菅原思織 杉本匠 田中恒夫    

sugahara.jpegのサムネイル画像表彰式の様子

第43回優秀発表者一覧

 平成27年3月5日、6日に東海大学において開催された第42回土木学会関東支部技術研究発表会において社会環境工学科4年の浅川勝太郎君(現在は群馬県庁勤務)の発表が優秀発表賞にえらばれ、5月15日に開催された支部総会で表彰されました。

 論文題目:自動車道の設置と歩車分離式信号導入による自動車交通流への影響

https://www.jsce.or.jp/branch/kanto/01_05_gakujyutu/yuushuu42.html

社会環境工学科の岡野研究室・谷口研究室の学生合同チームが、日本鋼橋模型製作コンペティション (Japan Steel Bridge Competition (JSBC) ) 第5回大会 (会場:大阪市立大学) に参加し、【構造部門】において3位入賞となりました。

受 賞 日本鋼橋模型製作コンペティション 【構造部門】 3位
受賞者 前橋工科大学 工学部 社会環境工学科
岡野研究室・谷口研究室 学生合同チーム

>> Japan Steel Bridge Competition 大会実施要項について

■ 受賞作品 ■

橋名 前橋
~ The bridge to advance us ~

jsbc1b.jpg

架設jsbc2.jpg

プレゼンテーション
jsbc4.jpg

社会環境工学科の谷口望准教授が、「第10回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム(2013/11/21~22開催)」 において論文 「既設鋼橋の複合構造化によるリニューアル工法の施工と実証試験」を発表し、土木学会から優秀講演者表彰を受けました。

>> シンポジウムプログラム及び優秀講演者について

>> シンポジウムの詳細について

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち受賞・成果カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはイベントです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。