文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 善野 修平(ぜんの しゅうへい)
Department of Biotechnology 生物工学科

善野 修平(ぜんの しゅうへい)

zenno.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 分子生物学
担当授業科目

分子生物学I 分子生物学II 生物工学実験I 生物工学概論 生物工学輪講 

生物工学演習 分子生物学特論 生物工学特別演習

私のプロフィール

東京理科大学卒業後、チッソ(株)、九州大学、東京大学を経て、前橋工科大学に着任。
現在、分子生物学研究室を運営し、地域連携の推進を担当している。

最終学歴 東京理科大学大学院理工学研究科応用生物科学専攻修士課程修了
学 位 博士(農学)東京大学、理学修士 東京理科大学
所属学会

日本分子生物学会 日本農芸化学会 日本生化学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7370  E-Mail zenno@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

変異原処理、プロバイオティクス、発酵技術、機能性RNA、天然酵母など

キーワード

酵素、RNA、人体有害物質

現在取り組んでいる研究内容

1. 変異原を活性化するニトロ・アゾ還元酵素について、研究しています。

2. 機能性RNA関連タンパク質について、研究をしています。

3. 小スケールの堆肥製造システムの開発を行なっています。

4. 群馬産の天然酵母石窯パンの開発を行なっています。

主な研究業績

学会発表

1. 坂原稜平、内野佑紀、清水大二郎、善野修平 (2015) Bacillus subtilis由来のニトロ還元酵素とアゾ還元酵素の同定、日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月(岡山)

2. Takahashi,T., Zenno,S., Nishi,K., and Ui-tei,K. (2014)  Functional conversion of a key regulator of RNA silencing, TRBP, during apoptosis in mammalian cell、第37回日本分子生物学会年会、2014年12月(神戸)

3. 坂原稜平、内野佑紀、清水大二郎、善野修平 (2014) 枯草菌と納豆菌のニトロ/アゾ還元酵素活性について、日本農芸化学会関東支部2014年度支部大会、2014年10月(浦和)

4. 岩佐正雄、善野修平、林昌平、下田祐紀夫 (2014)  「企業ニーズの実用化」を課題とする共同研究で「実用化」と「学術論文」の両方をめざす産学連携モデル、産学連携学会第12回年次大会、2014年6月(諏訪)

論文

1) T. Takahashi, S. Zenno, O. Ishibashi, T. Takizawa, K. Saigo and K. Ui-Tei: Interactions between the non-seed region of siRNA and RNA-binding RLC/RISC proteins, Ago and TRBP, in mammalian cells. Nucleic Acids Res. 42(8), 5256-69 (2014)

2) T. Takahashi, T. Miyakawa, S. Zenno, K. Nishi, M. Tanokura and K.Ui-Tei: Distinguishable in vitro binding mode of monomeric TRBP and dimeric PACT with siRNA. PLOS ONE 8(5), e63434, 1-14 (2013)

3) K. Matsumoto, M. Minami, F. Shinozaki, Y. Suzuki, K. Abe, S. Zenno, K. S. Matsumo and Y. Minami: Hsp90 is involved in the formation of P-bodies and stress granules. Biochem. Biophys. Res. Commun. 407, 720-724 (2011)

4) Y. Suzuki, M. Minami, M. Suzuki, K. Abe, S. Zenno, M. Tsujimoto, K. Matsumoto and Y. Minami: The Hsp90 inhibitor geldanamycin abrogates colocalization of eIF4E and 4E-T into stress granules and association of eIF4E with eIF4G. J. Biol. Chem. 284, 35597-35604 (2009)

5) K. Ui-Tei, Y. Naito, S. Zenno, K. Nishi, A. Juni, A. Tanaka and K. Saigo: Bipartite roles of the central region of the siRNA guide strand in RNA interference due to modified siRNA with a DNA seed arm. Res. Adv. in Nucleic Acids Research 3, 1-17 (2009)

6) K. Ito, M. Nakanishi, W.-C. Lee, Y. Zhi, H. Sasaki, S. Zenno, K. Saigo, Y. Kitade and M. Tanokura: Expansion of substrate specificity and catalytic mechanism of azoreductase by X-ray crystallography and site-directed mutagenesis. J. Biol. Chem. 283, 13889-13896 (2008)

7) K. Ui-Tei, Y. Naito, S. Zenno, K. Nishi, K. Yamato, F. Takahashi, A. Juni and K. Saigo: Functional dissection of siRNA sequence by systematic DNA substitution: modified siRNA with a DNA seed arm is a powerful tool for mammalian gene silencing with significantly reduced off-target effect. Nucleic Acids Res. 36, 2136-51 (2008)