文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 薩 秀夫(さつ ひでお)
Department of Biotechnology 生物工学科

薩 秀夫(さつ ひでお)

satsu.jpg

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 食品機能学 動物細胞工学 ケミカルバイオロジー
担当授業科目

食品生化学 機能性食品学 生物工学概論 生物工学輪講 生物工学演習

基礎生物工学実験II 生物工学実験II, IV

大学院/食品生理機能学特論

私のプロフィール

食品の研究を始めて、20年近くになります。これから益々進む高齢化社会に向けて、食品による病気の予防・健康寿命の延伸を目指して、努力してゆきたいと考えています。同時に、将来社会で活躍できるような人材育成・教育に精一杯取り組む所存です。

最終学歴 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士課程修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会 日本栄養・食糧学会 日本動物細胞工学会 日本生化学会

日本フードファクター学会 日本食品免疫学会  日本アミノ酸学会 日本セラミド研究会

トランスポーター研究会 国際タウリン研究会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7374  E-Mail satsu@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

疾患関連分子に対する食品成分の機能性評価及びその作用メカニズム
食品成分の腸管上皮細胞透過機構の細胞レベルでの解析
生体分子を制御する低分子化合物の探索評価系の構築及び探索

キーワード

機能性食品成分、トランスポーター、腸管上皮細胞、核内受容体、GPCR、解毒、抗炎症

現在取り組んでいる研究内容

  • 機能性食品成分が生体に及ぼす生理機能及びそのメカニズムについて研究をおこなっています。
  • 食品成分が腸管上皮細胞においてどのように吸収・代謝されているかを細胞レベルで解析しています。
  • 疾患の予防につながることが期待される機能性食品成分の探索をおこなっています。
  • 動物培養細胞を用いて新たな機能性食品成分探索のための簡便な評価系を構築しています。

主な研究業績

著書

1)薩 秀夫、機能性食品成分とトランスポーター、栄養・食品機能とトランスポーター(竹谷豊、薩秀夫、伊藤美紀子、武田英二責任編集、日本栄養・食糧学会監修)、建帛社、247-264(2011).

2)薩 秀夫、タウリン、「アミノ酸科学の最前線」(鳥居邦夫、門脇基二監修)、シーエムシー出版、220-228(2014).

論文

1) H.Satsu, Y.Ishimoto, T.Nakano, T.Mochizuki, T.Iwanaga, and M.Shimizu:Induction by activated macrophage-like THP-1 cells of apoptotic and necrotic cell death in intestinal epithelial Caco-2 monolayers via tumour necrosis factor-alpha. Exp. Cell Res., 312(19), 3909-3919 (2006).

2) H.Satsu, Y.Hiura, K.Mochizuki, M.Hamada, and M.Shimizu:Activation of the Pregnane X Receptor and Induction of MDR1 by Dietary Phytochemicals. J. Agric. Food Chem., 56(13), 5366-5373 (2008).

3) H.Satsu, J.S.Hyun, H.S.Shin, and M.Shimizu:Suppressive effect of an isoflavone fraction on tumor necrosis factor-a-induced interleukin-8 production in human intestinal epithelial Caco-2 cells., J. Nutr. Sci. Vitaminol., 55(5), 442-446 (2009).

4) H.Satsu, E.Chidachi, Y.Hiura, H.Ogiwara, Y.Gondo, and M.Shimizu:Induction of NAD(P)H:quinone oxidoreductase 1 expression by cysteine via Nrf2 activation in human intestinal epithelial LS180 cells. Amino Acids, 43, 1547-1555 (2012).

5) Y.Gondo, H.Satsu, Y.Ishimoto, T.Iwamoto, and M.Shimizu:Effect of taurine on mRNA expression of thioredoxin interacting protein in Caco-2 cells. Biochem. Biophys. Res. Commun., 426(3), 433-437(2012).

6)H.Satsu, M.T.Schaeffer, M.Guerrero, A.Saldana, C.Eberhart, P.Hodder, C.Cayanan, S.Schürer, B. Bhatarai, E.Roberts, H.Rosen, S.J.Brown:A sphingosine 1-phosphate receptor 2 selective allosteric agonist. Bioorg. Med. Chem., 21(17), 5373-5382 (2013).

7) Y. Hiura, H. Satsu, M. Hamada, and M. Shimizu: Analysis of flavonoids regulating the expression of UGT1A1 via xenobiotic receptors in intestinal epithelial cells. Biofactors, 40(3):336-345 (2014).

8) K. Yoshida, H. Satsu, A. Mikubo, H. Ogiwara, T. Inakuma, and M. Shimizu:6-Shogaol, a Major Compound in Ginger, Induces Aryl Hydrocarbon Receptor-Mediated Transcriptional Activity and Gene Expression. J. Agric. Food Chem., 62(24), 5492-5499 (2014).

9) H.S. Shin, H. Satsu, M.J. Bae, Z. Zhao, H. Ogiwara, M. Totsuka, and M. Shimizu:Anti-inflammatory effect of chlorogenic acid on the IL-8 production in Caco-2 cells and the dextran sulfate sodium-induced colitis symptoms in C57BL/6 mice. Food Chem., 168, 167-175 (2015).

10) H. Satsu, K. Yoshida, A. Mikubo, H. Ogiwara, T. Inakuma, and M. Shimizu:Establishment of a stable aryl hydrocarbon receptor-responsive HepG2 cell line. Cytotechnology, in press.

その他

  • 日本動物細胞工学会奨励賞(2008)
  • 日本栄養・食糧学会奨励賞(2010)
  • 日本セラミド研究会 Young Investogator Award(2011)
  • 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞(2012)
  • 第一回三島海雲学術賞(2012)