文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 尾形 智夫(おがた ともお)
Department of Biotechnology 生物工学科

尾形 智夫(おがた ともお)

ogata.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 応用微生物学、醸造微生物学、分子生物学
担当授業科目

遺伝子工学 微生物生理学 生物工学概論 生物工学演習 生物工学輪講             基礎生物工学実験II 生物工学実験II 生物工学実験Ⅳ
大学院/応用微生物学特論

私のプロフィール

大学卒業後、アサヒビール株式会社で主にビール酵母の研究に従事した。2014年4月より前橋工科大学に勤務。微生物や遺伝子の研究には、奥深さと劇的な変化に感動を呼ぶ発見がある。大胆な発想と緻密な観察、容易には折れない精神力の強さの必要性を感じている。歴史に関する本を読んだり、史跡をめぐることが趣味。

最終学歴 千葉大学大学院総合薬品科学科博士課程前期修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会、日本生物工学会、日本醸造学会、酵母細胞研究会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7385  E-Mail tomoo.ogata@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

産業用微生物(特に酵母)の育種、解析
食品汚染微生物の同定、解析

キーワード

発酵生産、微生物機能、微生物利用学、産業微生物ゲノム

現在取り組んでいる研究内容

産業用微生物(特に、酵母)の育種、解析

主な研究業績

著書

1) 尾形智夫他,石川雄章:清酒酵母の研究 90年代の研究,日本醸造協会(2003)

2) 尾形智夫他,和田大:生物工学ハンドブック,コロナ社(2005)

3) 尾形智夫他,米元俊一:食品と微生物,光琳(2008)

論文

1) T. Ogata, M. Izumikawa, K. Kohno, K. Shibata: Chromosomal location of Lg-FLO1 in bottom-fermenting yeast and the FLO5 locus of industrial yeast, J. Appl. Microbiol. Vol.105, pp1186-1198, (2008)

2) T. Ogata, M. Izumika, H. Tadami: Chimeric types of chromosome X in bottom-fermenting yeasts, J. Appl. Microbiol. Vol.107, pp1098-1107 (2009).

3) K. Iijima, T. Ogata: Construction and evaluation of self-cloning bottom-fermenting yeast with high SSU1 expression, J. Appl. Microbiol. Vol.109, pp1906-1913 (2010).

4) T. Ogata, M. Shikata-Miyoshi, H. Tadami, N. Nakazawa:Isolation of meiotic segregants from a bottom-fermenting yeast, J Inst. Brew. Vol.117, pp199-205 (2011).

5) N. Murakami, S. Miyoshi, R. Yokoyama, H. Hoshida, R. Akada, T. Ogata: Construction of a URA3 deletion strain from allotetraploid bottom-fermenting yeast Saccaromyces pastorianus. Yeast Vol.29, pp155-165 (2012).

6) S. Hasegawa, T. Ogata, K. Tanaka, A. Ando, H. Takagi, J. Shima : Overexpression of vacuolar H+-ATPase-related genes in bottom-fermenting yeast enhances ethanol tolerance and fermentations rates during high-gravity fermentation. J. Inst. Brew. Vol.118, pp179-185 (2012).

7) K. Kusunoki, T. Ogata : Construction of self-cloning bottom-fermenting yeast with low vicinal diketone production by homo-integration of ILV5. Yeast Vol.29, pp435-442 (2012).

8) T. Ogata : Nitrogen starvation induce expression of Lg-FLO1 and flocculation in bottom-fermenting yeast. Yeast Vol.29, pp487-494 (2012).

9) T. Ogata, M. Kobayashi, B. R. Gibson : Pilot-scale brewing using self-cloning bottom-fermenting yeast with SSU1 expression. J. Inst. Brew. Vol.119, pp17-22 (2013).

10) T. Ogata : Hydrogen sulfide production by bottom-fermenting yeast is related to nitrogen starvation signaling. J. Inst. Brew. Vol.119, pp228-236 (2013).

11) H. Tadami, M. Shikata-Miyoshi, T. Ogata : Aneuploidy, copy number variation and unique chromosomal structures in bottom-fermenting yeast revealed by array-CGH. J. Inst. Brew. Vol. 120, pp27-37 (2014).

12)T. Ogata, S. Miyashita : Isolation of pilot-scale evaluation of isoamyl alcohol-overproducing mutants of bottom-fermenting yeasts. J Am. Soc. Brew. Chem. Vol.72, pp110-115 (2014).