文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 中山 明(なかやま あきら)
Department of Biotechnology 生物工学科

中山 明(なかやま あきら)

nakayama.jpg

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻

専門分野 植物生物学 植物病理学
担当授業科目

植物生理学 植物栄養学 植物病理学 基礎生物工学実験I 生物工学実験I 

生物工学実験III

大学院/植物生理学特論

私のプロフィール

学生時代から現在まで植物を研究対象とし、植物ホルモンの機能、花成の制御、植物の病害抵抗性などについて解析してきた。これまでにやってきたノウハウを生かしながらも、新たなことにも全力でチャレンジしていきたいと考えている。読書と散歩が趣味であり、休日には大型書店めぐりで気晴らしをしている。

最終学歴 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士課程修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会 日本植物生理学会 植物化学調節学会 日本植物病理学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7375 E-Mail aknakaya@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

植物の病害抵抗性機構の解析

キーワード

病害抵抗性、うどんこ病、植物分子育種

現在取り組んでいる研究内容

1 バラのうどんこ病抵抗性に関与する遺伝子の機能解析

2 バラの低温耐性に関与する遺伝子の取得と機能解析

3 自然派植物活力剤による植物の病害抵抗性機構の解析

主な研究業績

論文

1) Rice WRKY45 plays a crucial role in benzothiadiazole-inducible blast resistance.:Shimono M., Sugano S., Nakayama A., Jiang C.J., Ono K., Toki S. and Takatsuji H., Plant Cell, 19, pp.2064~2076,(2007)

2) Identification and characterization of an Ipomoea nil glucosyltransferase which metabolizes some phytohormones.:Suzuki H., Hayase H., Nakayama A., Yamaguchi I., Asami T. and Nakajima M., Biochem. Biophys. Res. Commun., 361, pp.980~986,(2007)

3) Role of OsNPR1 in rice defense program as revealed by genome-wide expression analysis.:Sugano S., Jiang C.J., Miyazawa S.I., Masumoto C., Yazawa K., Hayashi N., Shimono M, Nakayama A., Miyao M. and Takatsuji H., Plant Mol. Biol., 74, pp.549~562,(2010)

4) The nuclear ubiquitin proteasome degradation affects WRKY45 function in the rice defense program.:Matsushita A., Inoue H., Goto S., Nakayama A., Sugano S., Hayashi N. and Takatsuji H., Plant J., 73, pp.302~313 (2013)

5) Blast resistance of CC-NB-LRR protein Pb1 is mediated by WRKY45 through protein-protein interaction.:Inoue H., Hayashi N., Matsushita A., Liu X., Nakayama A., Sugano S., Jiang C.J. and Takatsuji H., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 110, pp.9577~9582 (2013)

6) Genome-wide identification of WRKY45-regulated genes that mediate benzothiadiazole-induced defense responses in rice.:Nakayama A., Fukushima S., Goto S., Matsushita A., Shimono M., Sugano S., Jiang C.J., Akagi A., Yamazaki M., Inoue H. and Takatsuji H., BMC Plant Biol., 13, pp.150 (2013)

7) The rice FISH BONE gene encodes a tryptophan aminotransferase, which affects pleiotropic auxin-related processes.:Yoshikawa T., Itoh M., Sumikura T., Nakayama A., Nishimura T., Kitano H., Yamaguchi I., Koshiba T., Hibara K., Nagato Y. and Itoh J., Plant J., 78, pp.927~936 (2014)

8) WRKY45‑dependent priming of diterpenoid phytoalexin biosynthesis in rice and the role of cytokinin in triggering the reaction.:Akagi A., Fukushima S., Okada K., Jiang C.J., Yoshida R., Nakayama A., Shimono M., Sugano S., Yamane H. and Takatsuji H., Plant Mol. Biol., 86, pp.171~183(2014)