文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 門屋 利彦(かどや としひこ)
Department of Biotechnology 生物工学科

門屋 利彦(かどや としひこ)

t-kadoya.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 生物化学 タンパク化学 神経化学 分離科学
担当授業科目

生物有機化学 機器分析 タンパク質工学 生物工学概論 生物工学輪講 

生物工学演習 基礎生物工学実験Ⅱ 生物工学実験Ⅱ,Ⅳ

大学院/タンパク質化学特論

私のプロフィール

大学時代から現在に至るまで、主としてタンパク質を研究対象として、神経再生などの種々の生体反応メカニズムの解明研究とバイオ医薬品の研究開発に携わってきた。タンパク質の研究は、経験と根気が必要であるが非常に魅力的な仕事と感じている。一方で、専門分野にとらわれすぎることなく、新しいことにもチャレンジしていきたいと考えている。休日は、コーチとして小学生とサッカーを楽しんでいる。

最終学歴 東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了
学 位 理学博士
所属学会

日本生化学会 日本神経科学会 Society for Neuroscience 

液体クロマトグラフィー研究懇談会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

生理活性タンパク質の探索と生体反応メカニズムの解明
タンパク質の分離精製・分析方法の改良・開発                                   HPLC分離分析

キーワード

神経再生、ストレス、タンパク質、プロテオ―ム解析、クロマトグラフィー

現在取り組んでいる研究内容

  • 難治性の神経損傷や障害の治療方法の開発を目的とした、損傷後の神経再生メカニズムの解明
  • 生理的ストレス負荷によるストレス応答時の生体反応メカニズムの解明
  • 糖尿病におけるタンパク質の変動解析
  • 生化学研究やバイオ製品の開発を進める上で必要なタンパク質の分離・分析法の開発、改良

主な研究業績

著書

  • 門屋利彦 ファインケミカルシリーズ「抗体医薬における細胞構築・培養・ダウンストリームのすべて」"抗体医薬品のクロマト分離プロセス"pp155-167(監修;大政健史、シーエムシー出版)(2015)

論文

  • Horie H, Kadoya T, Hikawa N, Sango K, Takeshita K, Asawa R, Hiroi T, Sato M, Yoshioka T, Ishikawa Y"Oxidized Galectin-1 Stimulates Macrophages to Promote Axonal Regeneration in Peripheral Nerves after Axotomy" J Neurosci, 24:1873-1880 (2004)
  • Kadoya T, Oyanagi K, Kawakami E, Hasegawa M, Inagaki Y, Sohma Y, Horie H"Oxidized Galectin-1 Advances Functional Recovery from Peripheral Nerve Injury" Neurosci Lett, 380(3):284-288 (2005)
  • Ishihara T, Kadoya T"Accelerated purification process development of monoclonal antibodies for shortening time to clinic: design and case study of chromatography study" J Chromatogr A, 1176:149-156 (2007)
  • Kajitani K, Nomaru H, Ifuku M, Yutsudo N, Dan Y, Miura T, Tsuchimoto D, Sakumi K, Kadoya T, Horie H, Poirier F, Noda M, Nakabeppu Y"Galectin-1 promotes neurogenesis in the dentate gyrus of mouse hippocampus after brain damage caused by excitotoxicity"Cell Death Differ, 16(3):417-427 (2009)
  • Iwamoto M, Taguchi C, Sasaguri K, Kubo K, Horie H, Yamamoto T, Onozuka M, Sato S, Kadoya T"The Galectin-1 level in serum as a novel marker for stress."Glycoconjugate J, 27:419-425 (2010)
  • Nakagawa T, Ishihara T, Yoshida H, Yoneya T, Wakamatsu K, Kadoya T "Relationship between human IgG structure and retention time in hydroxyapatite chromatography with sodium-chloride gradient elution."J Sep Sci, 33(14):2045-2051 (2010)
  • Kogawa Y, Nakajima K, Sasaguri K, Hamada N , Kawasaki H , Sato S , Kadoya T, Horie H"Oxidized galectin-1 tempers the LPS-induced increase of pro-inflammatory cytokine mRNA in cultured macrophages." Clin Cosm Invest Dent, 3:1-8 (2011)
  • Kolundzic N, Bojic-Trbojevic Z, Kovacevic T, Stefanoska I, Kadoya T, Vicovac L "Galectin-1 is part of human trophoblast invasion machinery - a functional study in vitro" PLoS ONE, 6(12): e28514 (2011)
  • Takaku S, Yanagisawa H, Watabe K, Horie H, Kadoya T, Nakabeppu Y, Poirier F, Sango K "GDNF promotes neurite outgrowth and upregulates galectin-1 through the RET/PI3K signaling in cultured adult rat dorsal root ganglion neurons" Neurochem Int, 62, 330-339 (2013)
  • Kobayakawa Y, Sakumi K, Kajitani K, Poirier F, Kadoya T, Horie H, Kira J, Nakabeppu Y"Galectin-1 deficiency improves axonal swelling of motor neurons in SOD1G93A transgenic mice"Neuropathol Appl Neurobiol, 41, 227-244 (2014)