文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 星 淡子(ほし ひろこ)
Department of Biotechnology 生物工学科

星 淡子(ほし ひろこ)

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻

専門分野 分子生物学 生化学 糖鎖工学 骨代謝学
担当授業科目

生化学I 生化学II 生物工学実験I 細胞生物学 細胞工学 生物工学概論 

糖鎖工学特論 生物工学特別演習 生物工学特別研究

私のプロフィール

北海道大学理学研究科、慶應義塾大学医学部、理化学研究所を経て2013年度より生物工学科に着任しました。 水と空気のきれいな地域で生み出される資源を有効に活用し、新たな高付加価値物質を創製できるように地域貢献に努めていきたいと思っています。また食品の栄養成分に着目し、運動器を中心とした身体臓器への効果について予防医学の見地から研究を行っています。教育においては、のびのびと学ぶことと一生懸命に何かに打ち込んでみようという知的好奇心を育てることを目指します。休日は変形菌を探す散策と化粧品づくりにはまっています。

最終学歴 北海道大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学
学 位 博士(理学)
所属学会

日本骨代謝学会、日本生化学会、日本高分子学会、日本農芸化学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7373 E-Mail hihoshi@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

天然高分子を用いた素材開発、骨粗鬆症のメカニズム及び予防に関する知見、機能性改変酵素の設計と発現について

キーワード

ヒアルロン酸、骨粗鬆症、生活習慣遺伝子、アルコール代謝

現在取り組んでいる研究内容

群馬県特産物を用いた高付加価値機能性を有する素材開発研究を企業との共同研究により行っている。

生活習慣や加齢によって起こる疾患病態を効果的に予防、治癒改善するための食品成分を始めとした機能性化合物の探索と作用機序の解明。

主な研究業績

論文

(1) Hoshi H., Nakagawa H., Nishiguchi S., Iwata K., Niikura K., Monde K., and Nishimura S.-I. An engineered hyaluronan synthase: Characterization of recombinant human hyaluronan synthase 2 expressed in Escherichia coli., Journal of Biological Chemistry, 279, pp. 2341-2349,(2004).

(2) Shimawaki K, Fujisawa Y, Sato F, Fujitani N, Kurogochi M, Hoshi H, Hinou H, Nishimura S. Highly efficient synthesis of versatile proteoglycan core structures from 1,6-anhydro-β-lactose as a key starting material., Angewandte Chemie International Edition, 46, pp. 3074-3079,(2007).

(3) Miyauchi Y, Ninomiya K, Miyamoto H, Sakamoto A, Iwasaki R, Hoshi H, Miyamoto K, Hao W, Yoshida S, Morioka H, Chiba K, Kato S, Tokuhisa T, Saitou M, Toyama Y, Suda T, Miyamoto T. The Blimp1-Bcl6 axis is critical to regulate osteoclast differentiation and bone homeostasis. Journal of Experimental Medicine 207, (4) pp. 751-762, (2010).

(4) Hoshi H, Shimawaki K, Takegawa Y, Ohyanagi T, Amano M, Hinou H, Nishimura S. Molecular shuttle between extracellular and cytoplasmic space: Glycosaminoglycan biosynthesis promoted by serglycin precursor glycopeptides in human articular chondrocytes, Biochemica et Biophysica Acta.,1820 (9), pp. 1391-1398, (2012).

(5) Hoshi H, Hao W, Miyamoto T, et al., Aldehyde-stress resulting from Aldh2 mutation promotes osteoporosis due to impaired osteoblastogenesis. Journal of Bone and Mineral Research., 27 (9), 2015-2023, (2012).

(6) Yoshida S, Iwasaki R, Kawana H, Miyauchi Y, Hoshi H, Miyamoto H, Mori T, Kanagawa H, Katsuyama E, Fujie A, Hao W, Kobayashi T, Sato Y, Miyamoto K, Morioka H, Matsumoto M, Chiba K, Toyama Y, Nakagawa T, Miyamoto T. PDGFBB promotes PDGFRα-positive cell migration into artificial bone in vivo., Biochem Biophys Res Commun. 421 (4): pp. 785-9, (2012).

(7) Miyamoto H, Katsuyama E, Miyauchi Y, Hoshi H, Miyamoto K, Sato Y, Kobayashi T, Iwasaki R, Yoshida S, Mori T, Kanagawa H, Fujie A, Hao W, Morioka H, Matsumoto M, Toyama Y, Miyamoto T. An essential role for STAT6-STAT1 signaling in promoting macrophage cell-cell fusion. Journal of Biological Chemistry., 287 (39), pp. 32479-84, (2012).

(8) 星淡子 荒井雄太郎 石井健二 北川浩司 高橋昌伸 星将貴、「前橋福豚耳由来コラーゲンの特性に関する研究」,前橋工科大学研究紀要第17巻31-34(2014)

その他

  1. 特許:ヒアルロン酸合成酵素活性を有するポリペプチド、該ポリペプチドの製造方法および該ポリペプチドを利用したヒアルロン酸の製造方法 に関して公開番号:特開2005-160321、特開2004-000026
  2. 2013年より、群馬県、栃木県との企業との共同研究2件

  3. 2012年 小柴昌俊科学教育賞 優秀賞(団体)