文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 本多 一郎(ほんだ いちろう)
Department of Biotechnology 生物工学科

本多 一郎(ほんだ いちろう)

honda.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 生物有機化学 植物ホルモンの化学
担当授業科目

有機化学I 有機化学II 生物制御化学
大学院/植物代謝工学特論

私のプロフィール

大学卒業後、日本たばこの研究所、宇都宮大学、農水省の研究機関を経て2011年より前橋工科大学に勤務。
これまで主に植物の生長と植物ホルモンの関係について研究。
これらの経験を教育、研究活動、地域貢献に活かしたいと考えている。

最終学歴 東京大学大学院農学系研究科修士課程修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会 植物化学調節学会 日本植物生理学会 園芸学会 日本育種学会

連絡先

TEL 027-265-7367  E-Mail ihonda@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

植物の生長における植物ホルモンの役割、機能の解明
植物の生長を制御するための技術開発
植物が生産する内生成分の変動解析

キーワード

植物成長調節物質、生物制御化学、野菜、食用作物

現在取り組んでいる研究内容

1) 植物ホルモンは植物の生長を様々な局面で制御しています。いろいろな植物におけるその機能を解明することで植物の生長を制御し、生産性を向上する技術へつなげることを目指して研究を行っています。

2) 植物が生産する栄養成分や、代謝物は栽培条件などで様々に変動します。栽培技術の開発や育種などに役立てるため、これらの成分を化学的に分離し、その変動を解析する研究に取り組んでいます。

主な研究業績

著書

1) 本多一郎 矮性とブラシノライド植物の生長調節, 41(2) : pp.98~107,(2006)

論文

1) Honda, I., K. Kikuchi, S. Matsuo, M. Fukuda, H. Saito, H. Ryuto, N. Fukunishi, and T. Abe: Heavy-ion- induced mutants in sweet pepper isolated by M1 plant selection. Euphytica, 152,61-66 (2006)

2) Honda, I., H. Seto, Y. Turuspekov, Y. Watanabe, and S. Yoshida : Inhibitory effects of jasmonic acid and its analogues on barley (Hordeum vulgare L.) anther extrusion. Plant Growth Regulation, 48, 201~206 (2006)

3) Nair, S.K., N. Wang, Y. Turuspekov, M. Pourkheirandish, S. Sinsuwongwat, G. Chen, M. Sameri, A. Tagiri, I. Honda, Y. Watanabe, H. Kanamori, T. Wicker, N. Stein, Y. Nagamura, T. Matsumoto, and T. Komatsuda: Cleistogamous flowering in barley arises from the suppression of microRNA-guided HvAP2 mRNA cleavage. Proc Natl Acad Sci USA, 107, 490-495 (2010)

4) Fukuda,M., S. Matsuo, K. Kikuchi, Y. Kawazu, R. Fujiyama and I. Honda: Isolation and func tional characterization of the FLOWERING LOCUS T homolog, the LsFT gene, in lettuce. Journal of Plant Physiology 168,1602?1607 (2011)

5) Honda, I. H. Matsunaga, K. Kikuchi, S. Matsuo, and M. Fukuda: Identification of pepper (Capsicum annuum L.) accessions with large or small fruit that have a high degree of parthenocarpy, Scientia Horticulturae 135, 68-70 (2012)

6) Sawada, Y., A. Umetsu, Y. Komatsu, J. Kitamura, H. Suzuki, T. Asami, M. Fukuda, I. Honda, W. Mitsuhashi, M. Nakajima, and T. Toyomasu: An unusual spliced variant of DELLA protein, a negative regulator of gibbererllin signaling, in lettuce, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 76(3), 544-550 (2012)

7) Matsuo, S., K. Kikuchi, M. Fukuda, I. Honda and S. Imanishi: Roles and regulation of cytokinins in tomato fruit development Journal of Experimental Botany, 63(15), 5569-5579 (2012)

8) Wang N., S. Ning, M. Pourkheirandish, I. Honda and T. Komatsuda: An alternative mechanism for cleistogamy in barley, Theoretical Applied Genetics, 126(11), 2753-2762 (2013)