教員情報の最近の記事

中山 明(なかやま あきら)

nakayama.jpg

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻

専門分野 植物生物学 植物病理学
担当授業科目

植物生理学 植物栄養学 植物病理学 基礎生物工学実験I 生物工学実験I 

生物工学実験III

大学院/植物生理学特論

私のプロフィール

学生時代から現在まで植物を研究対象とし、植物ホルモンの機能、花成の制御、植物の病害抵抗性などについて解析してきた。これまでにやってきたノウハウを生かしながらも、新たなことにも全力でチャレンジしていきたいと考えている。読書と散歩が趣味であり、休日には大型書店めぐりで気晴らしをしている。

最終学歴 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士課程修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会 日本植物生理学会 植物化学調節学会 日本植物病理学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7375 E-Mail aknakaya@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

植物の病害抵抗性機構の解析

キーワード

病害抵抗性、うどんこ病、植物分子育種

現在取り組んでいる研究内容

1 バラのうどんこ病抵抗性に関与する遺伝子の機能解析

2 バラの低温耐性に関与する遺伝子の取得と機能解析

3 自然派植物活力剤による植物の病害抵抗性機構の解析

主な研究業績

論文

1) Rice WRKY45 plays a crucial role in benzothiadiazole-inducible blast resistance.:Shimono M., Sugano S., Nakayama A., Jiang C.J., Ono K., Toki S. and Takatsuji H., Plant Cell, 19, pp.2064~2076,(2007)

2) Identification and characterization of an Ipomoea nil glucosyltransferase which metabolizes some phytohormones.:Suzuki H., Hayase H., Nakayama A., Yamaguchi I., Asami T. and Nakajima M., Biochem. Biophys. Res. Commun., 361, pp.980~986,(2007)

3) Role of OsNPR1 in rice defense program as revealed by genome-wide expression analysis.:Sugano S., Jiang C.J., Miyazawa S.I., Masumoto C., Yazawa K., Hayashi N., Shimono M, Nakayama A., Miyao M. and Takatsuji H., Plant Mol. Biol., 74, pp.549~562,(2010)

4) The nuclear ubiquitin proteasome degradation affects WRKY45 function in the rice defense program.:Matsushita A., Inoue H., Goto S., Nakayama A., Sugano S., Hayashi N. and Takatsuji H., Plant J., 73, pp.302~313 (2013)

5) Blast resistance of CC-NB-LRR protein Pb1 is mediated by WRKY45 through protein-protein interaction.:Inoue H., Hayashi N., Matsushita A., Liu X., Nakayama A., Sugano S., Jiang C.J. and Takatsuji H., Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 110, pp.9577~9582 (2013)

6) Genome-wide identification of WRKY45-regulated genes that mediate benzothiadiazole-induced defense responses in rice.:Nakayama A., Fukushima S., Goto S., Matsushita A., Shimono M., Sugano S., Jiang C.J., Akagi A., Yamazaki M., Inoue H. and Takatsuji H., BMC Plant Biol., 13, pp.150 (2013)

7) The rice FISH BONE gene encodes a tryptophan aminotransferase, which affects pleiotropic auxin-related processes.:Yoshikawa T., Itoh M., Sumikura T., Nakayama A., Nishimura T., Kitano H., Yamaguchi I., Koshiba T., Hibara K., Nagato Y. and Itoh J., Plant J., 78, pp.927~936 (2014)

8) WRKY45‑dependent priming of diterpenoid phytoalexin biosynthesis in rice and the role of cytokinin in triggering the reaction.:Akagi A., Fukushima S., Okada K., Jiang C.J., Yoshida R., Nakayama A., Shimono M., Sugano S., Yamane H. and Takatsuji H., Plant Mol. Biol., 86, pp.171~183(2014)

薩 秀夫(さつ ひでお)

satsu.jpg

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 食品機能学 動物細胞工学 ケミカルバイオロジー
担当授業科目

食品生化学 機能性食品学 生物工学概論 生物工学輪講 生物工学演習

基礎生物工学実験II 生物工学実験II, IV

大学院/食品生理機能学特論

私のプロフィール

食品の研究を始めて、20年近くになります。これから益々進む高齢化社会に向けて、食品による病気の予防・健康寿命の延伸を目指して、努力してゆきたいと考えています。同時に、将来社会で活躍できるような人材育成・教育に精一杯取り組む所存です。

最終学歴 東京大学大学院農学生命科学研究科応用生命化学専攻博士課程修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会 日本栄養・食糧学会 日本動物細胞工学会 日本生化学会

日本フードファクター学会 日本食品免疫学会  日本アミノ酸学会 日本セラミド研究会

トランスポーター研究会 国際タウリン研究会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7374  E-Mail satsu@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

疾患関連分子に対する食品成分の機能性評価及びその作用メカニズム
食品成分の腸管上皮細胞透過機構の細胞レベルでの解析
生体分子を制御する低分子化合物の探索評価系の構築及び探索

キーワード

機能性食品成分、トランスポーター、腸管上皮細胞、核内受容体、GPCR、解毒、抗炎症

現在取り組んでいる研究内容

  • 機能性食品成分が生体に及ぼす生理機能及びそのメカニズムについて研究をおこなっています。
  • 食品成分が腸管上皮細胞においてどのように吸収・代謝されているかを細胞レベルで解析しています。
  • 疾患の予防につながることが期待される機能性食品成分の探索をおこなっています。
  • 動物培養細胞を用いて新たな機能性食品成分探索のための簡便な評価系を構築しています。

主な研究業績

著書

1)薩 秀夫、機能性食品成分とトランスポーター、栄養・食品機能とトランスポーター(竹谷豊、薩秀夫、伊藤美紀子、武田英二責任編集、日本栄養・食糧学会監修)、建帛社、247-264(2011).

2)薩 秀夫、タウリン、「アミノ酸科学の最前線」(鳥居邦夫、門脇基二監修)、シーエムシー出版、220-228(2014).

論文

1) H.Satsu, Y.Ishimoto, T.Nakano, T.Mochizuki, T.Iwanaga, and M.Shimizu:Induction by activated macrophage-like THP-1 cells of apoptotic and necrotic cell death in intestinal epithelial Caco-2 monolayers via tumour necrosis factor-alpha. Exp. Cell Res., 312(19), 3909-3919 (2006).

2) H.Satsu, Y.Hiura, K.Mochizuki, M.Hamada, and M.Shimizu:Activation of the Pregnane X Receptor and Induction of MDR1 by Dietary Phytochemicals. J. Agric. Food Chem., 56(13), 5366-5373 (2008).

3) H.Satsu, J.S.Hyun, H.S.Shin, and M.Shimizu:Suppressive effect of an isoflavone fraction on tumor necrosis factor-a-induced interleukin-8 production in human intestinal epithelial Caco-2 cells., J. Nutr. Sci. Vitaminol., 55(5), 442-446 (2009).

4) H.Satsu, E.Chidachi, Y.Hiura, H.Ogiwara, Y.Gondo, and M.Shimizu:Induction of NAD(P)H:quinone oxidoreductase 1 expression by cysteine via Nrf2 activation in human intestinal epithelial LS180 cells. Amino Acids, 43, 1547-1555 (2012).

5) Y.Gondo, H.Satsu, Y.Ishimoto, T.Iwamoto, and M.Shimizu:Effect of taurine on mRNA expression of thioredoxin interacting protein in Caco-2 cells. Biochem. Biophys. Res. Commun., 426(3), 433-437(2012).

6)H.Satsu, M.T.Schaeffer, M.Guerrero, A.Saldana, C.Eberhart, P.Hodder, C.Cayanan, S.Schürer, B. Bhatarai, E.Roberts, H.Rosen, S.J.Brown:A sphingosine 1-phosphate receptor 2 selective allosteric agonist. Bioorg. Med. Chem., 21(17), 5373-5382 (2013).

7) Y. Hiura, H. Satsu, M. Hamada, and M. Shimizu: Analysis of flavonoids regulating the expression of UGT1A1 via xenobiotic receptors in intestinal epithelial cells. Biofactors, 40(3):336-345 (2014).

8) K. Yoshida, H. Satsu, A. Mikubo, H. Ogiwara, T. Inakuma, and M. Shimizu:6-Shogaol, a Major Compound in Ginger, Induces Aryl Hydrocarbon Receptor-Mediated Transcriptional Activity and Gene Expression. J. Agric. Food Chem., 62(24), 5492-5499 (2014).

9) H.S. Shin, H. Satsu, M.J. Bae, Z. Zhao, H. Ogiwara, M. Totsuka, and M. Shimizu:Anti-inflammatory effect of chlorogenic acid on the IL-8 production in Caco-2 cells and the dextran sulfate sodium-induced colitis symptoms in C57BL/6 mice. Food Chem., 168, 167-175 (2015).

10) H. Satsu, K. Yoshida, A. Mikubo, H. Ogiwara, T. Inakuma, and M. Shimizu:Establishment of a stable aryl hydrocarbon receptor-responsive HepG2 cell line. Cytotechnology, in press.

その他

  • 日本動物細胞工学会奨励賞(2008)
  • 日本栄養・食糧学会奨励賞(2010)
  • 日本セラミド研究会 Young Investogator Award(2011)
  • 日本農芸化学会 農芸化学奨励賞(2012)
  • 第一回三島海雲学術賞(2012)

星 淡子(ほし ひろこ)

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻

専門分野 分子生物学 生化学 糖鎖工学 骨代謝学
担当授業科目

生化学I 生化学II 生物工学実験I 細胞生物学 細胞工学 生物工学概論 

糖鎖工学特論 生物工学特別演習 生物工学特別研究

私のプロフィール

北海道大学理学研究科、慶應義塾大学医学部、理化学研究所を経て2013年度より生物工学科に着任しました。 水と空気のきれいな地域で生み出される資源を有効に活用し、新たな高付加価値物質を創製できるように地域貢献に努めていきたいと思っています。また食品の栄養成分に着目し、運動器を中心とした身体臓器への効果について予防医学の見地から研究を行っています。教育においては、のびのびと学ぶことと一生懸命に何かに打ち込んでみようという知的好奇心を育てることを目指します。休日は変形菌を探す散策と化粧品づくりにはまっています。

最終学歴 北海道大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学
学 位 博士(理学)
所属学会

日本骨代謝学会、日本生化学会、日本高分子学会、日本農芸化学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7373 E-Mail hihoshi@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

天然高分子を用いた素材開発、骨粗鬆症のメカニズム及び予防に関する知見、機能性改変酵素の設計と発現について

キーワード

ヒアルロン酸、骨粗鬆症、生活習慣遺伝子、アルコール代謝

現在取り組んでいる研究内容

群馬県特産物を用いた高付加価値機能性を有する素材開発研究を企業との共同研究により行っている。

生活習慣や加齢によって起こる疾患病態を効果的に予防、治癒改善するための食品成分を始めとした機能性化合物の探索と作用機序の解明。

主な研究業績

論文

(1) Hoshi H., Nakagawa H., Nishiguchi S., Iwata K., Niikura K., Monde K., and Nishimura S.-I. An engineered hyaluronan synthase: Characterization of recombinant human hyaluronan synthase 2 expressed in Escherichia coli., Journal of Biological Chemistry, 279, pp. 2341-2349,(2004).

(2) Shimawaki K, Fujisawa Y, Sato F, Fujitani N, Kurogochi M, Hoshi H, Hinou H, Nishimura S. Highly efficient synthesis of versatile proteoglycan core structures from 1,6-anhydro-β-lactose as a key starting material., Angewandte Chemie International Edition, 46, pp. 3074-3079,(2007).

(3) Miyauchi Y, Ninomiya K, Miyamoto H, Sakamoto A, Iwasaki R, Hoshi H, Miyamoto K, Hao W, Yoshida S, Morioka H, Chiba K, Kato S, Tokuhisa T, Saitou M, Toyama Y, Suda T, Miyamoto T. The Blimp1-Bcl6 axis is critical to regulate osteoclast differentiation and bone homeostasis. Journal of Experimental Medicine 207, (4) pp. 751-762, (2010).

(4) Hoshi H, Shimawaki K, Takegawa Y, Ohyanagi T, Amano M, Hinou H, Nishimura S. Molecular shuttle between extracellular and cytoplasmic space: Glycosaminoglycan biosynthesis promoted by serglycin precursor glycopeptides in human articular chondrocytes, Biochemica et Biophysica Acta.,1820 (9), pp. 1391-1398, (2012).

(5) Hoshi H, Hao W, Miyamoto T, et al., Aldehyde-stress resulting from Aldh2 mutation promotes osteoporosis due to impaired osteoblastogenesis. Journal of Bone and Mineral Research., 27 (9), 2015-2023, (2012).

(6) Yoshida S, Iwasaki R, Kawana H, Miyauchi Y, Hoshi H, Miyamoto H, Mori T, Kanagawa H, Katsuyama E, Fujie A, Hao W, Kobayashi T, Sato Y, Miyamoto K, Morioka H, Matsumoto M, Chiba K, Toyama Y, Nakagawa T, Miyamoto T. PDGFBB promotes PDGFRα-positive cell migration into artificial bone in vivo., Biochem Biophys Res Commun. 421 (4): pp. 785-9, (2012).

(7) Miyamoto H, Katsuyama E, Miyauchi Y, Hoshi H, Miyamoto K, Sato Y, Kobayashi T, Iwasaki R, Yoshida S, Mori T, Kanagawa H, Fujie A, Hao W, Morioka H, Matsumoto M, Toyama Y, Miyamoto T. An essential role for STAT6-STAT1 signaling in promoting macrophage cell-cell fusion. Journal of Biological Chemistry., 287 (39), pp. 32479-84, (2012).

(8) 星淡子 荒井雄太郎 石井健二 北川浩司 高橋昌伸 星将貴、「前橋福豚耳由来コラーゲンの特性に関する研究」,前橋工科大学研究紀要第17巻31-34(2014)

その他

  1. 特許:ヒアルロン酸合成酵素活性を有するポリペプチド、該ポリペプチドの製造方法および該ポリペプチドを利用したヒアルロン酸の製造方法 に関して公開番号:特開2005-160321、特開2004-000026
  2. 2013年より、群馬県、栃木県との企業との共同研究2件

  3. 2012年 小柴昌俊科学教育賞 優秀賞(団体)

林 秀謙(はやし ひでのり)

hayashi-h.jpg

工学部/生物工学科  准教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 応用微生物学 微生物生態学 微生物分類学
担当授業科目

微生物学 微生物利用学 微生物生理学

私のプロフィール

微生物の研究を初めて十数年になります。微生物の駐在的能力の発見に邁進する毎日です。

最終学歴 三重大学大学院 生物資源学研究科 博士後期課程修了
学 位 博士(学術)
所属学会

日本農芸化学会 日本生物工学会 日本細菌学会 日本ビフィズス菌センター

連絡先

E-Mail h-hayashi@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

分子生物学的手法による細菌叢の解析
微生物の分類・同定

キーワード

微生物学、環境微生物学、微生物生態学

現在取り組んでいる研究内容

ヒトの腸内菌の食物繊維分解酵素の機能解析
微生物によるセルロース系バイオマスの有効利用に関する研究
新規セルロース分解細菌の新種提唱

主な研究業績

論文

1) H. HayashiM. SakamotoM. Kitaharaand Y. Benno. Diversity of the Clostridium coccoides group in human fecal microbiota as determined by 16S rRNA gene library. FEMS Microbiol. Lett,257: 202-207, (2006)

2)H. HayashiK. ShibataM. SakamotoS. Tomitaand Y. Benno. Prevotella copri sp. nov. and Prevotella stercorea sp. nov.,isolated from human faeces. Int. J. Syst. Evol. Microbiol,57: 941-946, (2007)

3)H. HayashiK. Shibata, M. A. Bakir, M. Sakamoto, S. Tomita, and Y. Benno. Bacteroides coprophilus sp. nov.,isolated from human faeces. Int. J. Syst. Evol. Microbiol,57:1323-1326, (2007)

4)K. Hamana, H. Hayashi, M. Niitsu, and T. Ito. Polyamine analysis of thermophilic,acidophilic,alkaliphilic and radio-tolerant bacteria belonging to the domain Bacteria and methanogens,thermophiles and extreme halophiles belonging to the domain Archaea,-Polyamine catalogues of bacterial (eubacterial) and archaeal (archaebacterial) extremophiles IV- J. Jap. Soc. Extremophiles, 8: 59-68, (2009)

5)K. Hamana, H. Hayashi, M. Niitsu, D. Sugata, K. Higuchi, and T. Ito. Cellular distribution of unusual long liner and branched polyamines within the newly validated thermophiles belonging to the bacterial orders Themoanaerobacterles and Clostridiales -Polyamine catalogues of bacterial (eubacterial) and archeal (archaebacterial) extremophiles VI- J. Jpn. Soc. Extremophiles. Jpn. Soc. Extremophiles 10, 83-89, (2011) .

6)K. Hamana, T. Ito, M. Sakamoto, H. Hayashi. Covalently linked polyamines in the cell wall peptidoglycan of the anaerobes belonging to the order Selenomonadales. J. Gen. Appl. Microbiol, 58, 339-347, (2012).

7)K. Hamana, H. Hayashi, M. Niitsu, A. Takeda, T. Ito. Cellular polyamines of alkaliphilic, halophilic and thermophilic methanogens, and acidophilic and alkaliphilic extreme halophiles, and acidophilic thermophiles belonging to the domain Archaea -Polyamine catalogues of bacterial (eubacterial) and archaeal (archaebacterial) extremophiles VII- Jpn. Soc. Extremophiles. 12, 15-28, (2013).

8)K. Hamana, M. Niitsu, and H. Hayashi. Occurrence of homospermidine and thermospermine as a cellular polyamine in unicellular chlorophyte and multicellular charophyte green algae. J. Gen. Appl. Microbiol, 59, 313-319, (2013).

9)K. Hamana, H. Hayashi, M. Niitsu, T. Ito and M. Ohkuma. Long linear and branched polyamines of new thermophilic members located in the bacterial orders Thermotogales, Thermales, Aquificales, Thermodesulfobacteriales, Clostridiales, Thermoanaerobacterales, Bacillales, Caldisericales and Desulfovibrionales, and the family Rhodothermaceae -Polyamine catalogues of bacterial (eubacterial) and archaeal (archaebacterial) extremophiles - Jpn. Soc. Extremophiles, 13, 32-52, (2014)

10)M. Touyama, J.-S. Jin, R. Kibe, H. Hayashi, and Y. Benno. Quantification of Blautia wexlerae and Blautia luti in human faeces by real-time polymerase chain reaction using specific primers. Beneficial Microbes, (In Press).

本多 一郎(ほんだ いちろう)

honda.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 生物有機化学 植物ホルモンの化学
担当授業科目

有機化学I 有機化学II 生物制御化学
大学院/植物代謝工学特論

私のプロフィール

大学卒業後、日本たばこの研究所、宇都宮大学、農水省の研究機関を経て2011年より前橋工科大学に勤務。
これまで主に植物の生長と植物ホルモンの関係について研究。
これらの経験を教育、研究活動、地域貢献に活かしたいと考えている。

最終学歴 東京大学大学院農学系研究科修士課程修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会 植物化学調節学会 日本植物生理学会 園芸学会 日本育種学会

連絡先

TEL 027-265-7367  E-Mail ihonda@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

植物の生長における植物ホルモンの役割、機能の解明
植物の生長を制御するための技術開発
植物が生産する内生成分の変動解析

キーワード

植物成長調節物質、生物制御化学、野菜、食用作物

現在取り組んでいる研究内容

1) 植物ホルモンは植物の生長を様々な局面で制御しています。いろいろな植物におけるその機能を解明することで植物の生長を制御し、生産性を向上する技術へつなげることを目指して研究を行っています。

2) 植物が生産する栄養成分や、代謝物は栽培条件などで様々に変動します。栽培技術の開発や育種などに役立てるため、これらの成分を化学的に分離し、その変動を解析する研究に取り組んでいます。

主な研究業績

著書

1) 本多一郎 矮性とブラシノライド植物の生長調節, 41(2) : pp.98~107,(2006)

論文

1) Honda, I., K. Kikuchi, S. Matsuo, M. Fukuda, H. Saito, H. Ryuto, N. Fukunishi, and T. Abe: Heavy-ion- induced mutants in sweet pepper isolated by M1 plant selection. Euphytica, 152,61-66 (2006)

2) Honda, I., H. Seto, Y. Turuspekov, Y. Watanabe, and S. Yoshida : Inhibitory effects of jasmonic acid and its analogues on barley (Hordeum vulgare L.) anther extrusion. Plant Growth Regulation, 48, 201~206 (2006)

3) Nair, S.K., N. Wang, Y. Turuspekov, M. Pourkheirandish, S. Sinsuwongwat, G. Chen, M. Sameri, A. Tagiri, I. Honda, Y. Watanabe, H. Kanamori, T. Wicker, N. Stein, Y. Nagamura, T. Matsumoto, and T. Komatsuda: Cleistogamous flowering in barley arises from the suppression of microRNA-guided HvAP2 mRNA cleavage. Proc Natl Acad Sci USA, 107, 490-495 (2010)

4) Fukuda,M., S. Matsuo, K. Kikuchi, Y. Kawazu, R. Fujiyama and I. Honda: Isolation and func tional characterization of the FLOWERING LOCUS T homolog, the LsFT gene, in lettuce. Journal of Plant Physiology 168,1602?1607 (2011)

5) Honda, I. H. Matsunaga, K. Kikuchi, S. Matsuo, and M. Fukuda: Identification of pepper (Capsicum annuum L.) accessions with large or small fruit that have a high degree of parthenocarpy, Scientia Horticulturae 135, 68-70 (2012)

6) Sawada, Y., A. Umetsu, Y. Komatsu, J. Kitamura, H. Suzuki, T. Asami, M. Fukuda, I. Honda, W. Mitsuhashi, M. Nakajima, and T. Toyomasu: An unusual spliced variant of DELLA protein, a negative regulator of gibbererllin signaling, in lettuce, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 76(3), 544-550 (2012)

7) Matsuo, S., K. Kikuchi, M. Fukuda, I. Honda and S. Imanishi: Roles and regulation of cytokinins in tomato fruit development Journal of Experimental Botany, 63(15), 5569-5579 (2012)

8) Wang N., S. Ning, M. Pourkheirandish, I. Honda and T. Komatsuda: An alternative mechanism for cleistogamy in barley, Theoretical Applied Genetics, 126(11), 2753-2762 (2013)

尾形 智夫(おがた ともお)

ogata.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 応用微生物学、醸造微生物学、分子生物学
担当授業科目

遺伝子工学 微生物生理学 生物工学概論 生物工学演習 生物工学輪講             基礎生物工学実験II 生物工学実験II 生物工学実験Ⅳ
大学院/応用微生物学特論

私のプロフィール

大学卒業後、アサヒビール株式会社で主にビール酵母の研究に従事した。2014年4月より前橋工科大学に勤務。微生物や遺伝子の研究には、奥深さと劇的な変化に感動を呼ぶ発見がある。大胆な発想と緻密な観察、容易には折れない精神力の強さの必要性を感じている。歴史に関する本を読んだり、史跡をめぐることが趣味。

最終学歴 千葉大学大学院総合薬品科学科博士課程前期修了
学 位 博士(農学)
所属学会

日本農芸化学会、日本生物工学会、日本醸造学会、酵母細胞研究会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7385  E-Mail tomoo.ogata@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

産業用微生物(特に酵母)の育種、解析
食品汚染微生物の同定、解析

キーワード

発酵生産、微生物機能、微生物利用学、産業微生物ゲノム

現在取り組んでいる研究内容

産業用微生物(特に、酵母)の育種、解析

主な研究業績

著書

1) 尾形智夫他,石川雄章:清酒酵母の研究 90年代の研究,日本醸造協会(2003)

2) 尾形智夫他,和田大:生物工学ハンドブック,コロナ社(2005)

3) 尾形智夫他,米元俊一:食品と微生物,光琳(2008)

論文

1) T. Ogata, M. Izumikawa, K. Kohno, K. Shibata: Chromosomal location of Lg-FLO1 in bottom-fermenting yeast and the FLO5 locus of industrial yeast, J. Appl. Microbiol. Vol.105, pp1186-1198, (2008)

2) T. Ogata, M. Izumika, H. Tadami: Chimeric types of chromosome X in bottom-fermenting yeasts, J. Appl. Microbiol. Vol.107, pp1098-1107 (2009).

3) K. Iijima, T. Ogata: Construction and evaluation of self-cloning bottom-fermenting yeast with high SSU1 expression, J. Appl. Microbiol. Vol.109, pp1906-1913 (2010).

4) T. Ogata, M. Shikata-Miyoshi, H. Tadami, N. Nakazawa:Isolation of meiotic segregants from a bottom-fermenting yeast, J Inst. Brew. Vol.117, pp199-205 (2011).

5) N. Murakami, S. Miyoshi, R. Yokoyama, H. Hoshida, R. Akada, T. Ogata: Construction of a URA3 deletion strain from allotetraploid bottom-fermenting yeast Saccaromyces pastorianus. Yeast Vol.29, pp155-165 (2012).

6) S. Hasegawa, T. Ogata, K. Tanaka, A. Ando, H. Takagi, J. Shima : Overexpression of vacuolar H+-ATPase-related genes in bottom-fermenting yeast enhances ethanol tolerance and fermentations rates during high-gravity fermentation. J. Inst. Brew. Vol.118, pp179-185 (2012).

7) K. Kusunoki, T. Ogata : Construction of self-cloning bottom-fermenting yeast with low vicinal diketone production by homo-integration of ILV5. Yeast Vol.29, pp435-442 (2012).

8) T. Ogata : Nitrogen starvation induce expression of Lg-FLO1 and flocculation in bottom-fermenting yeast. Yeast Vol.29, pp487-494 (2012).

9) T. Ogata, M. Kobayashi, B. R. Gibson : Pilot-scale brewing using self-cloning bottom-fermenting yeast with SSU1 expression. J. Inst. Brew. Vol.119, pp17-22 (2013).

10) T. Ogata : Hydrogen sulfide production by bottom-fermenting yeast is related to nitrogen starvation signaling. J. Inst. Brew. Vol.119, pp228-236 (2013).

11) H. Tadami, M. Shikata-Miyoshi, T. Ogata : Aneuploidy, copy number variation and unique chromosomal structures in bottom-fermenting yeast revealed by array-CGH. J. Inst. Brew. Vol. 120, pp27-37 (2014).

12)T. Ogata, S. Miyashita : Isolation of pilot-scale evaluation of isoamyl alcohol-overproducing mutants of bottom-fermenting yeasts. J Am. Soc. Brew. Chem. Vol.72, pp110-115 (2014).

門屋 利彦(かどや としひこ)

t-kadoya.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 生物化学 タンパク化学 神経化学 分離科学
担当授業科目

生物有機化学 機器分析 タンパク質工学 生物工学概論 生物工学輪講 

生物工学演習 基礎生物工学実験Ⅱ 生物工学実験Ⅱ,Ⅳ

大学院/タンパク質化学特論

私のプロフィール

大学時代から現在に至るまで、主としてタンパク質を研究対象として、神経再生などの種々の生体反応メカニズムの解明研究とバイオ医薬品の研究開発に携わってきた。タンパク質の研究は、経験と根気が必要であるが非常に魅力的な仕事と感じている。一方で、専門分野にとらわれすぎることなく、新しいことにもチャレンジしていきたいと考えている。休日は、コーチとして小学生とサッカーを楽しんでいる。

最終学歴 東京都立大学大学院理学研究科博士課程修了
学 位 理学博士
所属学会

日本生化学会 日本神経科学会 Society for Neuroscience 

液体クロマトグラフィー研究懇談会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

生理活性タンパク質の探索と生体反応メカニズムの解明
タンパク質の分離精製・分析方法の改良・開発                                   HPLC分離分析

キーワード

神経再生、ストレス、タンパク質、プロテオ―ム解析、クロマトグラフィー

現在取り組んでいる研究内容

  • 難治性の神経損傷や障害の治療方法の開発を目的とした、損傷後の神経再生メカニズムの解明
  • 生理的ストレス負荷によるストレス応答時の生体反応メカニズムの解明
  • 糖尿病におけるタンパク質の変動解析
  • 生化学研究やバイオ製品の開発を進める上で必要なタンパク質の分離・分析法の開発、改良

主な研究業績

著書

  • 門屋利彦 ファインケミカルシリーズ「抗体医薬における細胞構築・培養・ダウンストリームのすべて」"抗体医薬品のクロマト分離プロセス"pp155-167(監修;大政健史、シーエムシー出版)(2015)

論文

  • Horie H, Kadoya T, Hikawa N, Sango K, Takeshita K, Asawa R, Hiroi T, Sato M, Yoshioka T, Ishikawa Y"Oxidized Galectin-1 Stimulates Macrophages to Promote Axonal Regeneration in Peripheral Nerves after Axotomy" J Neurosci, 24:1873-1880 (2004)
  • Kadoya T, Oyanagi K, Kawakami E, Hasegawa M, Inagaki Y, Sohma Y, Horie H"Oxidized Galectin-1 Advances Functional Recovery from Peripheral Nerve Injury" Neurosci Lett, 380(3):284-288 (2005)
  • Ishihara T, Kadoya T"Accelerated purification process development of monoclonal antibodies for shortening time to clinic: design and case study of chromatography study" J Chromatogr A, 1176:149-156 (2007)
  • Kajitani K, Nomaru H, Ifuku M, Yutsudo N, Dan Y, Miura T, Tsuchimoto D, Sakumi K, Kadoya T, Horie H, Poirier F, Noda M, Nakabeppu Y"Galectin-1 promotes neurogenesis in the dentate gyrus of mouse hippocampus after brain damage caused by excitotoxicity"Cell Death Differ, 16(3):417-427 (2009)
  • Iwamoto M, Taguchi C, Sasaguri K, Kubo K, Horie H, Yamamoto T, Onozuka M, Sato S, Kadoya T"The Galectin-1 level in serum as a novel marker for stress."Glycoconjugate J, 27:419-425 (2010)
  • Nakagawa T, Ishihara T, Yoshida H, Yoneya T, Wakamatsu K, Kadoya T "Relationship between human IgG structure and retention time in hydroxyapatite chromatography with sodium-chloride gradient elution."J Sep Sci, 33(14):2045-2051 (2010)
  • Kogawa Y, Nakajima K, Sasaguri K, Hamada N , Kawasaki H , Sato S , Kadoya T, Horie H"Oxidized galectin-1 tempers the LPS-induced increase of pro-inflammatory cytokine mRNA in cultured macrophages." Clin Cosm Invest Dent, 3:1-8 (2011)
  • Kolundzic N, Bojic-Trbojevic Z, Kovacevic T, Stefanoska I, Kadoya T, Vicovac L "Galectin-1 is part of human trophoblast invasion machinery - a functional study in vitro" PLoS ONE, 6(12): e28514 (2011)
  • Takaku S, Yanagisawa H, Watabe K, Horie H, Kadoya T, Nakabeppu Y, Poirier F, Sango K "GDNF promotes neurite outgrowth and upregulates galectin-1 through the RET/PI3K signaling in cultured adult rat dorsal root ganglion neurons" Neurochem Int, 62, 330-339 (2013)
  • Kobayakawa Y, Sakumi K, Kajitani K, Poirier F, Kadoya T, Horie H, Kira J, Nakabeppu Y"Galectin-1 deficiency improves axonal swelling of motor neurons in SOD1G93A transgenic mice"Neuropathol Appl Neurobiol, 41, 227-244 (2014)

善野 修平(ぜんの しゅうへい)

zenno.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 分子生物学
担当授業科目

分子生物学I 分子生物学II 生物工学実験I 生物工学概論 生物工学輪講 

生物工学演習 分子生物学特論 生物工学特別演習

私のプロフィール

東京理科大学卒業後、チッソ(株)、九州大学、東京大学を経て、前橋工科大学に着任。
現在、分子生物学研究室を運営し、地域連携の推進を担当している。

最終学歴 東京理科大学大学院理工学研究科応用生物科学専攻修士課程修了
学 位 博士(農学)東京大学、理学修士 東京理科大学
所属学会

日本分子生物学会 日本農芸化学会 日本生化学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7370  E-Mail zenno@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

変異原処理、プロバイオティクス、発酵技術、機能性RNA、天然酵母など

キーワード

酵素、RNA、人体有害物質

現在取り組んでいる研究内容

1. 変異原を活性化するニトロ・アゾ還元酵素について、研究しています。

2. 機能性RNA関連タンパク質について、研究をしています。

3. 小スケールの堆肥製造システムの開発を行なっています。

4. 群馬産の天然酵母石窯パンの開発を行なっています。

主な研究業績

学会発表

1. 坂原稜平、内野佑紀、清水大二郎、善野修平 (2015) Bacillus subtilis由来のニトロ還元酵素とアゾ還元酵素の同定、日本農芸化学会2015年度大会、2015年3月(岡山)

2. Takahashi,T., Zenno,S., Nishi,K., and Ui-tei,K. (2014)  Functional conversion of a key regulator of RNA silencing, TRBP, during apoptosis in mammalian cell、第37回日本分子生物学会年会、2014年12月(神戸)

3. 坂原稜平、内野佑紀、清水大二郎、善野修平 (2014) 枯草菌と納豆菌のニトロ/アゾ還元酵素活性について、日本農芸化学会関東支部2014年度支部大会、2014年10月(浦和)

4. 岩佐正雄、善野修平、林昌平、下田祐紀夫 (2014)  「企業ニーズの実用化」を課題とする共同研究で「実用化」と「学術論文」の両方をめざす産学連携モデル、産学連携学会第12回年次大会、2014年6月(諏訪)

論文

1) T. Takahashi, S. Zenno, O. Ishibashi, T. Takizawa, K. Saigo and K. Ui-Tei: Interactions between the non-seed region of siRNA and RNA-binding RLC/RISC proteins, Ago and TRBP, in mammalian cells. Nucleic Acids Res. 42(8), 5256-69 (2014)

2) T. Takahashi, T. Miyakawa, S. Zenno, K. Nishi, M. Tanokura and K.Ui-Tei: Distinguishable in vitro binding mode of monomeric TRBP and dimeric PACT with siRNA. PLOS ONE 8(5), e63434, 1-14 (2013)

3) K. Matsumoto, M. Minami, F. Shinozaki, Y. Suzuki, K. Abe, S. Zenno, K. S. Matsumo and Y. Minami: Hsp90 is involved in the formation of P-bodies and stress granules. Biochem. Biophys. Res. Commun. 407, 720-724 (2011)

4) Y. Suzuki, M. Minami, M. Suzuki, K. Abe, S. Zenno, M. Tsujimoto, K. Matsumoto and Y. Minami: The Hsp90 inhibitor geldanamycin abrogates colocalization of eIF4E and 4E-T into stress granules and association of eIF4E with eIF4G. J. Biol. Chem. 284, 35597-35604 (2009)

5) K. Ui-Tei, Y. Naito, S. Zenno, K. Nishi, A. Juni, A. Tanaka and K. Saigo: Bipartite roles of the central region of the siRNA guide strand in RNA interference due to modified siRNA with a DNA seed arm. Res. Adv. in Nucleic Acids Research 3, 1-17 (2009)

6) K. Ito, M. Nakanishi, W.-C. Lee, Y. Zhi, H. Sasaki, S. Zenno, K. Saigo, Y. Kitade and M. Tanokura: Expansion of substrate specificity and catalytic mechanism of azoreductase by X-ray crystallography and site-directed mutagenesis. J. Biol. Chem. 283, 13889-13896 (2008)

7) K. Ui-Tei, Y. Naito, S. Zenno, K. Nishi, K. Yamato, F. Takahashi, A. Juni and K. Saigo: Functional dissection of siRNA sequence by systematic DNA substitution: modified siRNA with a DNA seed arm is a powerful tool for mammalian gene silencing with significantly reduced off-target effect. Nucleic Acids Res. 36, 2136-51 (2008)

本間 知夫(ほんま ともお)

thomma.jpg

工学部/生物工学科  教授
大学院工学研究科/生物工学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 生物工学 生理学 生物電気化学
担当授業科目

生理学 食品製造学 生物化学工学   
大学院/食品工学特論

私のプロフィール

これまで工学、医学、農学といった様々な分野を渡り歩き、微生物・植物・動物を材料に、細胞から個体に至る様々なレベルで、生物が持つ機能を主に電気的手法を中心とした計測方法で捉え、その機能を指標として有用物質の探索や機能性評価を行うなど応用を目指した研究を実施してきました。工学部の研究者として世の中に役立つことをすることを忘れずに、簡単に利用出来る技術の開発に努めます。

最終学歴 東京医科歯科大学大学院医学研究科博士課程修了
学 位 博士(医学)
所属学会

日本生理学会 日本神経科学学会 日本作物学会 根研究学会 日本茶業 茶学術研究会

日本マングローブ学会 日本化学会 電気化学会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7382  E-Mail thomma@maebashi-it.ac.jp
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

  • 食品および天然物資源成分の機能性・安全性評価とその応用
  • ポストハーベスト処理による高付加価値食品の開発
  • 電気的手法による植物生体情報の非破壊的診断技術の開発

キーワード

腸管機能、食品機能性、電気的手法、ポストハーベスト工学、樹木診断、環境評価、根、クワ、ウメ、チャ

現在取り組んでいる研究内容

1) 飲食したものは腸管で消化吸収されます。腸管機能として消化・吸収及び運動を指標として、生薬、香辛料、香料、食品中の成分から生体機能性を示す成分を見出し、利用することを目指しています。

2) 農畜産物に対してポストハーベスト(収穫後)処理を行うことで、機能性や安全性を高めた「高付加価値食品」を開発することを目指しています。

3)かつて養蚕が盛んだった群馬県に多数残るクワの有効利用の一環として、新たな桑茶製造を試みています。

4) 果樹や茶樹、街路樹などの樹木は、一度植えるとその場所に根付いて長い期間生存することになります。自身を支え、養水分を吸収する根は土の中にあり、その状態を知ることは困難ですが、どのような状態かを知ることは栽培・生育管理上極めて重要です。根を掘らずに、根の状態さらにはその個体の状態を非破壊的に診断する方法として、電気的手法を利用した技術の開発に努めています。

主な研究業績

著書・解説

1) 本間知夫,阿部淳:第6章 生理活性の測定と評価,「根のデザイン」森田茂紀編,養賢堂,pp.48~61,(2003)

2) 本間知夫:腸管機能を指標とした食品等成分の機能性の探索と評価,食品と容器,52, 238-243 (2011)

3) 本間知夫:電気で調べる植物の感覚と健康状態,修景群馬,第23号,2-3 (2013)

論文

1) Y.Kaytayama, K.Hirai, T.Homma, Y.Noda and K.Honda: Actions of orexins on individual myenteric neurons of the guinea-pig ileum: orexin A or B? NeuroReport, 16, pp.745~749,(2005)

2) T.Homma, K.Hirai, S.Kwon, H.Katsuragi, H.Hamada and Y.Katayama: Actions of capsaicin glucoside on intestinal transport in rats. Electrochemistry, 76, pp.583~585,(2008)

3) T.Homma, T.Anzai, K.Matsuo, N.Kanemitsu, H.Satoh and H.Hiramoto: Effects of continuous irradiation of LED light on growth of young tea plants. Acta Horticulturae, 907, pp.233~236,(2011)

共同研究

企業(群馬県、神奈川県、大阪府)、公的研究機関(群馬県、静岡県、熊本県)、大学(沖縄県、鳥取県、滋賀県)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち教員情報カテゴリに属しているものが含まれています。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。