文字サイズ + 標準
Department of Biotechnology 生物工学科

教員紹介

氏名
役職
専門分野
研究室HP
教授
生物有機化学 植物ホルモンの化学                                    植物代謝工学研究室:植物ホルモンは様々な局面で植物の生長を制御しています。その機能解明による生産性向上などを目指し研究しています。
教授
分子生物学                                          分子生物学研究室:分子生物学的手法を用いて、遺伝子発現制御、生体内酸化還元、生物発光現象に関わる遺伝子やタンパク質の研究を行っています。
教授
生物化学 タンパク化学 神経化学 分離科学                         タンパク質化学研究室:新たな治療法の開発を目的として、病気やけがをしたときに生体で起こっている反応について生化学的方法を用いて調べています。
教授
応用微生物学、醸造微生物学、分子生物学                                 生物工学科応用微生物研究室:パンやお酒、味噌醤油を作る微生物、酵母や酵母の遺伝子を研究し、よりよい製品を作るお役立ちをしたいと思っています。
教授
生物工学 生理学 生物電気化学                                        食品機能開発工学研究室:農産物に含まれる機能性成分を探索・利用する方法、様々な処理により食品の付加価値を高める方法の開発を行っています。
准教授
応用微生物学 微生物生態学 微生物分類学                            微生物工学研究室:微生物工学研究室ではヒトの腸内細菌の機能解析、新規セルロース分解性細菌の解析、微生物菌叢解析などを行っています。
准教授
分子生物学 生化学 糖鎖工学 骨代謝学                              生物機能化学研究室:食品等を用いて疾患病態の予防改善効果を検討します。また、地域の生物資源より生体材料を創り、機能性を生化学的に評価します。
准教授
食品機能学 動物細胞工学 ケミカルバイオロジー                              食品生理機能工学研究室:食品生理機能工学研究室では、病気の予防効果が期待できる機能性食品成分を探索しその生体への作用について研究しています。
准教授
植物分子生物学 植物病理学                                           植物分子育種工学研究室:植物の環境適応能力は、移動できないからこそ高いと言えます。そこで、植物の能力の仕組みを解明し、その応用を目指しています。

分子生物学研究室

善野研究室では、主に分子生物学的手法を用いて、遺伝子発現制御、生体内酸化還元、生物発光現象に関わる遺伝子やタンパク質の研究を行っています。また、前橋市内企業との共同研究として、環境や食品に有用な発酵微生物の開発や高付加価値な食品の開発にも取り組んでいます。

食品機能開発工学研究室

身体に良い効果を示す物質について、天然物や食品から新たに探し出したり、その効果を評価したり、新たな使い方を考える研究を行っています。材料としては群馬県の特産物である桑、梅、コンニャクを中心にいろいろなものを扱っています。食べたものは腸で消化・吸収・輸送されますので、動物の腸を使ってその効果を調べています。