文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介生物工学科 ≫ 日本農芸化学会関東支部2018年度大会で本学院生・学部生が発表しました

日本農芸化学会関東支部2018年度大会で本学院生・学部生が発表しました

2018年10月15日

日本農芸化学会関東支部2018年度大会が10月13日(土)に東京理科大学野田キャンパスにて開催され、日頃の研究成果を、本学大学院修士課程2年生の吉岡潤一君(題目:ストロンチウム蓄積細菌の探索)、1年生の鍜治遼太郎君(題目:ムラサキイモ濃縮エキスがマウス摘出腸管におけるアルコール吸収に及ぼす影響)、1年生の廣瀬仁志君(題目:マウス摘出腸管における糖吸収に及ぼす梅抽出液の影響)がポスター発表を、学部4年生の杉山沙依美さん(題目:マウス摘出腸管における糖吸収に及ぼす酢酸投与のタイミングについて)が口頭発表を行いました。

入口.jpg 吉岡.jpg 廣瀬.jpg 鍜治.jpg杉山2.jpg