2017年2月アーカイブ

電子情報通信学会主催の医用画像研究会が平成29年1月18日に沖縄県那覇市ぶんかテンブス館で開催されました。本学科生物機能化学研究室(星研究室)4年の田村明日香さんが、「1.0 T MRIを用いたOA膝関節軟骨の最適撮像条件と正確で安価な画像解析法の検討」というタイトルでポスター発表を行いました。

活発な質疑応答が行われ、他の異なる視点からの助言や質問をいただき、研究に対する視野が広がりました(田村)。

学会写真.jpg

公立4大学連携事例発表会は、高崎市が主催し、地域が抱える身近な課題を、大学等が共同で取り組む事例を学生が発表する報告会で、平成29221日に開催されました。生物工学科4年生の斎田陽介君(尾形研究室)は、地域開発技術の発展として、「米糠麹糖化液中の劣化臭アルデヒドの酵母による除去」を発表しました。他大学の事例発表では、官学共同での町おこしの発表などがありました。理系と文系、学ぶ分野や研究が異なる中、こうした事例発表を行うことは、互いにどのようなことを学んだり、研究したかを知る、よいきっかけとなりました。

斎田_公立4大学.png

平成29年2月11日(土)、12日(日)の2日間つくばイノベーションプラザで開催された第3回国際タウリン研究会日本部会において、生物工学専攻修士課程1年の和多利研二君(薩研究室)が奨励賞を受賞しました。

タイトル:動物培養細胞におけるタウリンによる遺伝子発現制御の解析

発表者:和多利研二、薩 秀夫(前橋工科大学)、井前正人(大正製薬)

表彰状Small.jpg

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年12月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。