文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介建築学科 ≫ 臼井 敬太郎(うすい けいたろう)
Department of Architecture 建築学科

臼井 敬太郎(うすい けいたろう)

工学部/建築学科 講師                                        useui.jpg
大学院工学研究科/建築学専攻

専門分野

西洋建築史(イタリア近代)・デザイン史

当授業科目

建築史Ⅰ(近代建築史) 建築史 建築史Ⅱ(西洋建築史) 西洋建築史 

建築史Ⅲ(日本建築史)、建築造形論、建築設計Ⅰ 卒業研究

大学院/建築史特論

私のプロフィール

中国地方の信号機が一機もない田舎に育ちました。日が暮れると、あたりは真っ暗になる田園の中で唯一、煌煌と光を放っていたのがガソリンスタンドでした。暗闇に浮かび上がった真っ白な矩体、ミニマルなシルエットが都会的で美しく私の原風景になっていました。                              後に、建築を学び始めてから、このような建物が20世紀初頭に前衛の建築家たちが切り開いたモダンムーブメントの系譜に位置づけられることを知り建築史の奥深さに魅せられました。建築史をひも解くと、いつの時代も社会をポジティブに変えて行こうと、建築に大きな夢と希望が託されていることを実感します。そうした挑戦の積み重ねとしての建築史が私たちの社会と密接に繋がっている面白さを共有できると嬉しいです。

最終学歴

筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程修了

学 位

博士(デザイン学)

所属学会

日本建築学会 日本デザイン学会 デザイン史学研究会

連絡先

TEL / FAX 027-265-7312  E-Mail usui@maebashi-it.ac.jp
ホームページ http://www.maebashi-it.ac.jp/
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

近代主義建築に関する研究 歴史的建築を活用した教育普及活動

キーワード

近代建築史、保存・活用、景観・環境 

現在取り組んでいる研究内容

1. 近代建築史研究                                                        20世紀以降の近代主義建築の動向に関心を持って研究を進めています。中でも、多様な建築文化を発信してきたイタリアにおける近代主義建築の受容・普及過程に着目してきました。近年は、第一次世界大戦以降、急速に建築と都市の近代化を進めたムッソリーニ政権下における、特にイタリア逓信省の建築デザインの特徴について検証を進めています。このような調査研究に取組む一方で、同時代の日本におけるモダニズム建築の解釈についても関心を拡げています。                                2. 地域資源発見                                                       歴史的評価が十分に定まっていない建築や、真価を理解されないまま取り壊されていく建築を、地域の資産として認識していただくための機会を創出しています。建築に尊厳を与える、再び光を与えるという意味で「BUILDING DIGNITY」と名付けられたインスタレーション展企画に携わってきました。建築本来の魅力を引き出すライティングやアートとしての設えは、地域の方に建築の魅力を伝えるだけでなく、町おこしの契機としても期待されています。

主な研究業績

論文

1)臼井敬太郎:レッジョ・カラブリア駅のデザインについて ―イタリア人建築家アンジョロ・マッツォーニの駅舎建築研究―, 日本建築学会計画系論文集 第621号, 日本建築学会, pp.223~228(2007)        2)臼井敬太郎:日本初の回転展望台京山八方閣の意匠と岡山電気軌道, 多摩美術研究1, 多摩美術大学美術研究科pp.55~61 (2012)                                            3) 臼井敬太郎:イタリア国鉄トレント駅のデザインについて -1930年代イタリア逓信省の建築デザイン研究3-,日本建築学会大会学術講演梗概集(関西) F-2, pp. 877~878 (2014)

その他

1)科学研究費補助金若手(B)「モダニズムの形成に関わるイタリア逓信省の建築デザインについての研究」(2011-2013)                                                      2)建築資産発見展「BUILDING DIGNITY 03_YAHATA」企画・運営(2014)                     3)建築資産発見展「シュガーロードサイド・アーキテクチャー」企画・運営(2014)                          4)建築資産発見展「BUILDING DIGNITY 02_TAKAHAMA, NAGAHAMA」企画・運営(2014)