文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介建築学科 ≫ 三田村 輝章(みたむら てるあき)
Department of Architecture 建築学科

三田村 輝章(みたむら てるあき)

mitamura.jpg

工学部/建築学科 准教授
大学院工学研究科/建築学専攻/環境・生命工学専攻

専門分野 建築環境工学 建築設備
担当授業科目

建築環境工学Ⅱ 建築設備Ⅰ 空気環境学 計画・環境実験 建築設計WS
大学院/空気環境計画特論

私のプロフィール

学生の頃,自宅の窓ガラス等に発生する結露を防止するにはどうしたら良いのか、そんな身近な生活上の問題をきっかけに建築環境工学に興味を持ちました。卒論では、室内湿度をパッシブに調節する調湿建材の評価に関する研究を行い、その後、シックハウスや住宅のエネルギー消費などの研究にも取り組み、これまで断熱気密住宅やソーラーハウスなど数多くの建物で実測調査を行ってきました。現在は、数値シミュレーションによる手法を併用することにより、サステナブルな建築手法や省エネルギーシステムについて研究を行っています。

最終学歴 東北大学大学院工学研究科 博士後期課程修了
学 位 博士(工学)
所属学会

日本建築学会 空気調和・衛生工学会 日本太陽エネルギー学会 人間-生活環境系学会 日本環境管理学会 室内環境学会

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

建物内における熱環境,空気環境,エネルギー消費量に関する調査
数値シミュレーションによる熱・空気環境の予測,省エネルギーシステムの計画・評価

キーワード

熱環境、空気環境、環境設備計画、建築設備、環境設計

現在取り組んでいる研究内容

建物の熱・湿気・空気環境に関する現場実測のほか、数値シミュレーションによる室内環境やエネルギー消費量の予測手法を用いた研究を行っています。具体的なテーマは以下の通りです。

  • アレルギー対策住宅における室内空気質の評価
  • 地中熱利用型ゼロエネルギー住宅の開発
  • 現代版「土壁の家」の実大実証試験
  • 居室における調湿性能評価のための現場測定法の開発
  • 住宅のDampness(高湿度状態)と健康影響に関する研究
  • 光触媒塗料による室内空気浄化に関する実証試験

主な研究業績

著書

1) 池田耕一,三田村輝章,他10名:アセトアルデヒドによる室内空気汚染防止に関する濃度等規準・同解説(共著)、日本建築学会(2010)

2) 原澤浩毅,土橋邦生,三田村輝章:ぜんそくとアトピーが治る家,幻冬舎ルネッサンス新書(2012)

3) 健康維持増進住宅研究委員会/コンソーシアム:健康に暮らすための住まいと住まい方エビデンス集(分担執筆)、技報堂出版(2013)

4) 鍵直樹,三田村輝章,他10名:ホルムアルデヒドによる室内空気汚染に関する設計・施工等規準・同解説(共著)、日本建築学会(2014)

5)日本の原点シリーズ7 土,土の科学 蓄熱・調湿性能(分担執筆),新建新聞社(2015)

論文

1) H.Yoshino,T.Mitamura,K.Hasegawa:Moisture buffering and effect of ventilation rate and volume rate of hygrothermal materials in a single room under steady state exterior conditions, Building and Environment, Volume 44, Issue 7, pp.1418-1425, (2009)

2) H.Yoshino, K.Mihara, R.Takaki, T.Mitamura, 他4名:Measurement of Ventilation Airflow Rates of 39 Houses by Three Different Methods, International Journal of Ventilation, Volume 8 No.4, pp.299-311 (2010)

3) N. Enteria, H. Yoshino, A. Satake, A. Mochida, R. Takaki, H. Yonekura, R. Yoshie, T. Mitamura,? S. Baba:Initial Operation and Performance Evaluation of the Developed Solar Thermal and Electric Desiccant Cooling System , Experimental Heat Transfer 24: 1, pp.59-87 (2011)

4) 三田村輝章,原澤浩毅,土橋邦生:空気清浄機能を搭載する全館空調住宅への移転前後における室内空気質の評価,日本建築学会技術報告集 第38号(2012)

5) N. Enteria, H. Yoshino, A. Mochida, A. Satake, R. Yoshie, R. Takaki, H. Yonekura, T. Mitamura, Y. Tanaka:Performance of solar-desiccant cooling system with Silica-Gel (SiO2) and Titanium Dioxide (TiO2) desiccant wheel applied in East Asian climates, Solar Energy, VOLUME 86 ISSUE 5, pp.1261-1279 (2012)

6) 吉野博,長谷川兼一,阿部恵子,池田耕一,三田村輝章,柳宇:児童のアレルギー性疾患と居住環境要因との関連性に関する調査研究,日本建築学会環境系論文集, 第79巻 第695号,pp.107-115(2013)

共同研究

企業との共同研究:5件(住宅メーカー、ゼネコン、建具メーカー、産業廃棄物処理会社、ビルメンテナンス会社)