文字サイズ + 標準
Department of Architecture 建築学科

教員紹介

氏名
役職
専門分野
研究室HP
教授
耐震工学 地盤工学                         地盤・耐震工学研究室:建築物の地震被害を少なくするために、建築物へ入力する地震動の大きさや建築物の揺れの大きさを把握するための研究を行っています。
教授
都市・建築計画                                          都市環境計画研究室:時代の流れは、「感性」「こころ」「環境」といった側面を重視した方向へ動いており、個性ある地域環境を提案したり、温泉街のまちづくりの研究を行っています。
教授
建築構造学 構造信頼性理論                           構造信頼性研究室:解析を通じて建築物の形や性能を検討し、設計に必要な安全性の検討や既存建築物を安全に長く使用するための研究を行っています。
若松 均
教授
建築意匠 建築設計                          建築意匠・建築設計研究室:実際の設計活動を通じて得られた経験と知見をもとに、これからの建築のあり方、人々が集まって生活・活動する場について研究しています。
教授
建築設計 建築論 建築生物学                                建築論・建築意匠研究室:建築は芸術であり、芸術は感動であるとの思いから、建築家研究や作品研究を行い、また健康な住まいと暮らし方を提案するバウビオロギーの普及・啓蒙のために研究を行い、作品制作を同時に行っています。
准教授
環境工学 建築音響・騒音防止工学 建築設備                       環境工学・音環境研究室:建物は夏に涼しく冬に温かく静かさを保てる性能を、建築設備、省エネルギー、室内の音環境実感の向上を基本に研究します。
准教授
建築構造学                                                     鉄筋コンクリート系構造研究室:多種多様な鋼とコンクリート接合部を網羅した設計法の研究を行っています。また、SRC構造の施工性の煩雑さを軽減するための開発研究も行っています。
准教授
建築意匠 建築設計                                               建築意匠・建築設計・空間デザイン研究室:社会や都市の中における建築やまち、インテリアの新しいあり方を模索し、文化や歴史をふまえながら実践的に研究や設計をしています。
准教授
建築生産 建築経済                                    建築生産研究室:建物の長寿命化を実現する具体的な手法を確立するため、建物運用・管理についてソフト・ハードの両面から調査・分析を行います。
准教授
建築環境工学 建築設備                                   建築設備研究室:省エネルギーで、且つ、快適・健康に過ごせる建物の実現に向けて、室内環境の問題や空調設備に関する研究を行っています。
臼井 敬太郎
講師
西洋建築史(イタリア近代) デザイン史                                     建築史研究室:建築史研究室では歴史的建築を訪ね、また文献や図面資料を読み解き、先達の挑戦に学び、今日の建築に生かす知恵を発見します。

建築設備研究室

labo01.jpg

建物は、見た目の美しさや地震に対する強さも大切ですが、室内で快適に、そして健康に過ごせることも必要です。当研究室では、室内の温冷感、空気汚染などを考える「建築環境工学」と呼ばれる分野の研究を行っています。省エネで快適・健康な空間の実現を目標として、ゼロエネルギー住宅やアレルギー対策住宅の開発などに取り組んでいます。

建築史研究室

labo02.jpg建築の歴史に関する研究が主になります。デスクワークとして歴史的建築について文献資料の読解や図面資料の分析を行い、先人の知恵や挑戦に学びます。一方、フィールドワークとして、実際に建築に触れ、それらが地域の文化的資源として、どう生かせるのかを議論します。多くの歴史的建築に出会える前橋は街そのものが学びの場といえます。