文字サイズ + 標準
トップページ学部・大学院紹介建築学科 ≫ 第2回 建築学科主催シンポジウムの開催報告

第2回 建築学科主催シンポジウムの開催報告

2015年10月29日

『コルビュジエ再考』

平成271028日(水)午後16時10分から前橋工科大学4号館425講義室で、第2回建築学科主催シンポジウム『コルビジエ再考』が開催されました。

建築学科の教員が講演者を務め、計画・意匠、環境・設備、構造・材料の分野から、ひとつのテーマについて講演が行われました。30名ほどの学生が参加し、講演とディスカッションを聴講しました。

プログラム
□趣旨説明

加藤 旭光(大学院博士後期課程)

□講演

  講演者1:石黒由紀(建築意匠、建築設計)

  講演者2:関口正男(環境工学、建築設備)

  講演者3:北野敦則(建築構造学)

□ディスカッション,質疑応答

司会:加藤 旭光

□参加者からのアンケート
  • 講義では意匠面で語られることの多いコルビュジエに対して、構造の面からの話であったため、非常に新鮮で面白かった。
  • コルビュジエから発展または掘り下げて講演してくださって、環境工学、構造の観点から見る先生方の考察がとても面白かった。
  • ディスカッションでは面白い話が色々出てきたので、興味深いシンポジウムでした。

simp0202.jpg会場の風景

sinp0201.jpg趣旨説明:加藤 旭光

simp0206.jpg

講演者:石黒由紀 准教授

simp0203.jpg

講演者:関口正男 准教授
simp0204.jpg
講演者: 北野敦則 准教授

simp0205.jpgディスカッション、質疑応答

02_Corbusier_poster.pdf