2016年2月アーカイブ

石田敏明教授退官記念シンポジウム
テーマ:「建築の持つ本質的な力とはなにか?」

登壇者:石田敏明教授・伊東豊雄氏・村上徹氏・妹島和世氏・西沢立衛氏・橋本純氏 (司会)
でシンポジウムを開催します。ぜひご来場ください。

石田敏明教授は、前橋工科大学が四年制大学となる平成9年に着任して以降19年間、設計実務の経験を教育面でも精力的に活かしてまいりました。建築家としても、内外の関係性や室の構成など、建築固有の問題をドミナントとする建築作品をつくり続けると同時に、「シェアハウス馬場川」に代表される、<前橋モデル>と呼ばれる、建築と社会の関係をプログラムの成立条件から提案した作品に取り組んでまいりました。

本シンポジウムでは、石田教授に縁のある世界的に著名な建築家を登壇者に迎え「建築の持つ本質的な力とは何か?」をテーマに語ります。今回ご登壇いただくのは、恩師である伊東豊雄氏、独立後の初期時代に事務所空間をシェアされていた妹島和世氏と西沢立衛氏、広島工業大学時代研究室の先輩である村上徹氏、また、司会に橋本純氏(株式会社新建築社取締役)という顔ぶれです。

【開催日時】
2016年3月2日 (水曜) 15時〜17時(開場13:30〜)
【開催場所】
群馬音楽センター (群馬県高崎市高松町28番地2)
シンポジウム登壇者
石田敏明教授・伊東豊雄氏・村上徹氏・妹島和世氏・西沢立衛氏・橋本純氏 (司会)
【参加方法】
参加無料 (予約不要)
【対 象】
全国の建築設計に従事する社会人・学生、群馬県内・前橋市の建築関係者
前橋工科大学の現役学生・OBなど
【主 催】
前橋工科大学建築学科 石田研究室+石黒研究室
【問い合わせ】
前橋工科大学建築学科石黒由紀研究室
退官シンポジウム準備室 (taikansymposium@gmail.com)

IshidaSymposium01.jpg

IshidaSymposium02.jpg

このアーカイブについて

このページには、2016年2月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年1月です。

次のアーカイブは2016年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。