文字サイズ + 標準
トップページ前橋工科大について ≫ 柴田 喜樹(しばた よしき)

柴田 喜樹(しばた よしき)

shibata.jpg工学部/地域連携推進センター   教授
ICT事業

専門分野 情報セキュリティー ICT電子行政 社会情報基盤

私のプロフィール

大学で半導体物性を専攻した後、大手カメラメーカーと家電メーカーにてLSIの研究開発に従事し、カメラ・液晶ムービー・ハイビジョン・携帯電話用LSI開発など、世界の最先端を行く研究開発に携わりました。バイポーラLSIのプロセス開発からアナログ/デジタル回路設計、テスターの開発、チップ実装技術の開発などを担当しましたが、当時は今のように完全分業体制の時代ではなく、私は言わば「何でも屋」でした。
1990年代からはICカードの研究開発分野に移り、以後は情報セキュリティーと社会情報基盤、ICT電子行政を専門にして世界で奮闘しました。ICカードを利用したセキュリティー技術で2003年から2008年にかけて、日本でしかできなかった大容量のICカードを世界に供給し、この技術で各国のパスポートや国民IDをIC化してセキュリティーを強化しました。これはテロ対策や不正入出国防止に大きく貢献しているものです。
残念ながら近年、日本の技術は欧米や韓国の後塵を拝し世界に対する影響力が大幅に低下しています。原因は、日本がモノ作り(ハードが中心)にこだわったのに対して、成功している国では、社会情報インフラとしてビジネスモデルを捉え、付加価値の高い部分は独自開発(ソフトが中心)、付加価値の低い部分(ソフトとハード)は世界中から標準品を安価に入手してインフラを構築し、国を挙げて取り組んでいる点にあります。
最近漸く日本においてもこの動きが出てきました。番号制度(マイナンバー制度)を電子行政システムとして官民協力して完成させ、これを新興国などへインフラとして輸出しようというものです。この技術は特に新興国での需要が多く、日本に期待している国が多い上、更には世界の平和と安定には欠かせないインフラと言えます。私が取り組みたいのはまさにこの分野であり、日本の主力産業として期待されるこの社会情報基盤の構築に全力で取り組んでいきたいと考えています。

最終学歴 慶應義塾大学工学部電気工学科
学位 学士(工学)
所属学会

電気情報通信学会
次世代ICカードシステム研究会(NICSS)フェロー、
アジアICカードフォーラム(AICF)主査・セクレタリー

連絡先

TEL 027-265-7384 E-Mail shibata@maebashi-it.ac.jp
ホームページ http://www.maebashi-it.ac.jp/
※ メールアドレスをコピーする際は@マークを半角にしてください。

技術相談・講演・共同研究に応じられるテーマ

ICカード関連技術全般、社会情報基盤、電子行政システム、電子パスポート

キーワード

電子デバイス・集積回路、暗号・セキュリティー、回路設計・CAD

現在取り組んでいる研究内容

現在、政府では受益と負担の均衡のとれた社会保障制度の実現を目指して「番号制度」の導入が検討されており、本年3月には関連法案が国会に提出されて、今国会中での法案成立が見込まれています。また、災害に強い街づくりの実現、地域が複合的に抱える諸課題の解決、経済の活性化・雇用の創出、そして、国際社会への貢献・国際競争力の強化に向け、ICTを活用した新たな街づくり(ICTスマートタウン)の検討を開始しており、2015年の先行モデルの実現を目指して様々な実証実験も予定されています。前橋市においては、地域特性である「自然環境」、「食と農」、「歴史・文化」、「医療・保健・福祉」を活かし、安心・安全で豊かな市民生活の実現を目的とした、「ICTを利用した学びの場の創造と健康を支える環境づくり」をキーコンセプトに、ICTの活用を通じて様々な地域課題を解決する前橋版ICTスマートタウン構想があります。この構想を実現するためには高度なセキュリティー技術や価値と権利を流通させる仕組み(即ち社会情報基盤)が必要であり、現在このための研究を推進しています。

主な研究業績

LSIの研究開発

1) 映像技術のLSI化:CMOSによるハイビジョン用低消費電力・超高速デジタル信号処理LSI開発。

2) PHS及び携帯用LSIの開発:CMOSによるデジアナ混載LSIの開発により、小型低消費電力化を実現。

3) ICカード:フラッシュメモリー技術を世界で初めてICカードに適用し、住基カードやICパスポートに採用され、テロ対策や不正防止で国際的に貢献。

著書

文書管理物語執筆委員会:文書管理物語、ビジネス機械・情報システム産業協会DMS部会 東洋経済新報社(2011)

論文

1) Yoshiki Shibata: Border Control Security System such as e-Passport in Kingdom of Cambodia, The latest security Network and Information Technology (2007)

2) Yoshiki Shibata: The new generation National Security, Smart Forum of China (2003)